Miss You

柴田よしき / 文春文庫
(12件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
0
9
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • aya1124

    aya1124

    登場人物が多くて混乱した。最後は府に落ちたけれど、結末に至るまでの細かなストーリーが入って気ずらかったかな。主要人物はそれぞれに魅力的だったけれど。

    投稿日:2019.10.22

  • まちか

    まちか

    登場人物多くてちょっぴりこんがらかったりしたけど、おもしろかった。
    さすがに真相が明らかになるまで犯人は分からなかったけど、、そう来ましたか!って感じ。
    佐久間と新田の関係にキュンとしたー。
    ° ♡:.(っ>ω<c).:♡ °続きを読む

    投稿日:2016.01.06

  • lighthappy

    lighthappy

    #読了。大手出版社の編集者26歳、江口有美の同僚が殺され、彼女自身も何者かに命を狙われる。また、婚約者のもとには身に覚えのないビデオが送られ、婚約破棄寸前に。作家・編集者という舞台に興味を惹かれた。

    投稿日:2015.04.03

  • michaelle

    michaelle

    このレビューはネタバレを含みます

    柴田さんの頭の中って、どうなってんだー?

    緻密で、感情的。

    いっつも、ぽかーんとさせられてしまう。

    カッコいい!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.11.13

  • kei_m

    kei_m

    大手出版社の編集者、26歳の女性が主人公。
    編集者の日常がわかって面白い。
    作品を愛するからこそ、そして仕事だからこそ作家に尽くすことができるのだろうな。
    相変わらず、この作者らしく、大小話が入り組んでいる。

    主人公は、不自由なく育ち、順調な人生を歩み、周囲と争うことなく過してきた女性。
    知らないうちに人を傷つけたり、悪意をもたれたりすることは誰にでも起こり得るんだろうが、強く生きていくしかないですね。
    (図書館)
    続きを読む

    投稿日:2012.03.08

  • ___chiharu

    ___chiharu

    編集者としての日常はとてもリアルで、実際こんな感じなんだろうなあと思う。
    何よりも、主人公の有美というキャラがとても好感をもてたところが良かった。

    人間関係って難しいなあと感じさせられた。
    気付かないところで自分も誰かを傷つけている。
    それはきっと生きていく上では避けられないことなんだろうけど、
    普段は意識しないところを抉るような物語だった。

    途中から一気に面白くなる。長編だけど長さを感じさせない。
    どろどろした話なのに読後感もいい。ラストシーンがとても素敵。
    いやあ、さすがだなあ。
    [2011.05.15]
    続きを読む

    投稿日:2011.05.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。