深泥丘奇談・続

綾辻行人 / 角川文庫
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
4
5
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 宵子

    宵子

    鈴:ホラーとしてはあっさりした印象の話。
    コネコメガニ:コネコメガニという単語が読みにくくて秀逸。巨大な蟹のイメージはバカバカしくも不気味でおもしろい。
    狂い桜:オチがきっちりついている。その場にいない人を死んでいることにするという不気味さが良い。
    心の闇:これもきれいなオチ。
    ホはホラー映画のホ:主人公が別人というのは同じシリーズにするには無理がある気がするが…ほんと何でもありだな。ミステリ的なオチがついていて納得。でも死んだふりをする必然性がちょっと弱いかな?
    深泥丘三地蔵:ちゃんとしたオチがなく曖昧な印象。二つ目、三つ目は良いが一つ目は怖いな。夢の中の風景の意味付けが不明なところが多いが、不気味で殺伐とした雰囲気は良く出ている。
    ソウ:これはさすがに遊びすぎでは…!?でも象というホラー感のあまりない動物を出してきたのは新鮮でちょっとおもしろい。
    切断:ミステリ的なオチ。殺された生き物の姿の不気味さがいい。
    夜蠢く:あっさりした話。
    ラジオ塔:終盤の幻想的な展開が好き。唐突感はあるのだが、異形の馬が駆けていく情景が魅力的。
    露悪的な不気味さだけでなく、象とか馬とかの出てくるシーンは物寂しいけど幻想的な雰囲気があって、よかった。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.10

  • Kani

    Kani

    続編です。
    連作なので、話が繋がっています。

    京都の架空の地域、深泥丘での奇妙なエピソード。
    本当にありそうな所から入りこんで、曖昧で不気味な体験の数々。

    個人的には「心の闇」が好きです。
    「Q大学付属病院精神科の真佐木教授」って、絶対「ドグラ・マグラ」の正木教授ですよね。笑
    「ヒトの(心)は脳のみ宿るものにあらず」って言ってるし。
    「心の闇」が肝臓にできるというのも思わず笑ってしまいました。
    心がとろけそうに美味、、、やめられないし必要だし本能で欲しているからでしょうか。黒い部分は取り出せない。

    「ソウ」もおふざけなお話で、かわいかったです。
    笑いました。

    実在するなら深泥丘に住みたい。
    生の「コネコメガニ」も食べたい。

    ーように思う。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.29

  • ぷく

    ぷく

    このレビューはネタバレを含みます

    2020.9.13再読
    自分も夢うつつで(昼寝の合間とかに)読むからか、その話はあったんだっけ? こんな夢をみた…で始まってたっけ? と頭の中でグニャリと歪んでいるような気分で読み進めた。
    ソウはダジャレだけど、こんな話を別のどこかで読んだような…気がする。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.09.13

  • クーコ

    クーコ

    十編の短編集。
    ホラーっぽかったりミステリーっぽかったりファンタジーぽかったり、イロイロ楽しめる十編。
    前回の方が怪奇小説さがありましたが、今回は色んな感じが楽しめてこれはこれで面白かった。

    投稿日:2020.02.08

  • ふじ

    ふじ

    「深泥丘奇談」の続編とのことで...
    またこの何とも言えない妖しげな感じの話が良かったです。
    ゆるーいホラーのようで楽しませて貰いました。

    投稿日:2020.01.31

  • あんみつ

    あんみつ

    なんかこのもやーっとした、ゆるいホラーってかんじがくせになる…
    「心の闇」手術で取り出せるものならいいよねえ…食べたら美味しいのか…

    投稿日:2019.04.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。