「大人の発達障害」をうまく生きる、うまく活かす(小学館新書)

田中康雄, 笹森理絵 / 小学館新書
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • brain

    brain

    1、専門的な知識と、当事者ならではの目線

    専門家と当事者の両方の目線から書かれている点がおもしろい、特に”発達障害か否か”ということの曖昧さ、判断の難しさについて触れられているところが興味深いです。確かにそうなんですよね。発達障害の診断を受けても、じゃああれは発達障害のせいだったんだ、この失敗は発達障害のせいなんだってゆう発想になるのはやっぱり難しく、また周りも常にそういった目で見れるかといったらそうではありません。だからこの本のタイトルになっている”うまく生きる、うまく活かす”ということが重要になってくるのでしょう。

    2、自分の特性の理解、対処法や生活の工夫に目を向ける

    「発達障害を持つ人が社会でよりよく生きるためには、自分の特性を理解し、その対処法や生活の工夫に目を向けることが第一になります」
    第一章の”「大人の発達障害」の正体”でのこの一文が、本書で伝えようとしている一番強いメッセージだと思います。
    本の中盤ではよく見られる症状とそれに対する処方箋(対処法)、そしてその対処を本人が行うのか・周囲が行うのかが記載されており、これが内容の大部分を占めます。また薬物療法をどうとらえるか?実際の効果は?職場には伝える?などなど、診断後の些細な疑問や悩みどころに対してコメントされているのも良い配慮だと思いました。

    3、個人的なつぶやき

    実は兄もADHDだったということで、兄オススメの一冊だそう。
    自分がそうだと余計実感するのですが、やっぱり遺伝的なものみたいですね。
    だから自分の子供ももしかしたらADHDだってことも、将来的にあり得るんじゃないかな。過保護や過干渉にはなりたくないけど、自分が味わった苦しみを味わってしまったときに、理解しあえる形で手を差し伸べられるようになりたい。その意味で私がこの本を活用すべきなのは”本人”としてでもあり、”周囲”としてでもあるのだと思う。
    続きを読む

    投稿日:2017.04.30

  • Sacura

    Sacura

    当事者と医師の共著ですが主に医師中心の著作です。
    双方の意見が聞けるので、医療との関わりについてのヒントが欲しい方にはいい本かと思います。
    とはいえ、具体的な発達障害の生き方活かし方が沢山書いているわけではないので、読み物てきです。

    P195
    著者が診療で心がけている点として
    1発達障害を控えめに診断する
    2生活環境の整備を検討する
    3身近に正しく理解してくれる人を増やす
    4職場環境の調整を検討する、環境整備をお願いできそうか、患者さん自身が不利にならないようにする手立てを考える
    5これらの流れのなかで、有効と思われる薬物について、期待する効果と副作用などについて説明し、無理強いせずに使ってみるかどうか考えてもらう
    6患者さんから薬を希望された時も1-3がある程度整っていないと効果が半減される可能性もある

    P200
    笹森流仕分け
    自分の長所を知る

    自己嫌悪があるということは、あとで自分なりに考えて自省する気持ちはある
    理由を考えることはできる

    できないことを素直に認め、謝れるようにする、その上でどうさせていただいたらよいでしょうかと聞いて対応を得る
    →さらにできないことを仕分けてみる

    忘れ物をしてしまうこと
    失敗を受け入れるのが不得意なこと
    自尊心が低いこと
    謝罪ができず言い訳ばかりで現実を調子していないこと
    切り替えができないこと
    など
    続きを読む

    投稿日:2016.07.28

  • sayjick

    sayjick

    「皮肉や冗談が通じない」「人の気持ちがわからない」など、発達障害の特徴それ自体は知っていましたが、当事者としては「人の気持ちをわかる方法」がどうやってもわからないことに長く困っていました。本書ではそういった悩みに対して、具体的な対処法を挙げながら、(矯正はせず)悩みを受け入れて生活することを提案しています。発達障害の傾向がある方がコミュニケーションの上で陥りがちなシチュエーション別に細かく具体例が載っています。図書館で借りたものでしたが、改めて入手し、手元に置いておきたいと思いました。続きを読む

    投稿日:2016.03.01

  • 5524

    5524

    『発達障害に気づかない大人たち』(祥伝社新書 星野仁彦)より分かりやすい。今迄発達障害が認知されなさすぎた事実とは逆に、現在は安易に何でも発達障害に当て嵌めようとする傾向が強い、という言い方や、発達障害の症状は軽重の差で決まり、そこに明確な線引きはない、という言い方などから、大人の発達障害の扱われ方の現実が判る。つまりそれに携わる専門家ですらはっきりとは解っていない。
    でもそうなると発達障害という障碍の存在すら逆に怪しくなるような気もする。変わった人という言い方で一括りにされ負の烙印を押されてきた発達障害の人間が少しでも楽に生きられることは結構なことだけど、現状では専門家の解釈に依然振り回され兼ねないのでは。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.08

  • hvnstr

    hvnstr

    このレビューはネタバレを含みます

    大人でもかかる発達障害の人の対処法について、精神科医が書いたパートは参考になる。

    ただし、発達障害を自称する女性の部分は、多くの闘病本と同じように参考にならない。計算するのは苦手だが、写真や芸術のセンスは一流と自分で言っているあたりが痛い。

    発達障害の人は、すぐれた才能の持ち主、とむやみやたらに吹聴するのもやめてほしい。仕事を怠ける人に言い訳っぽく聞こえる。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.07.19

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。