ツチヤの貧格

土屋賢二 / 文春文庫
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
4
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • iyuria0915

    iyuria0915

    走り過ぎて行く日常の繰り返し。そんな中での些細な出来事に対し、著者のように考え方一つ変えるだけで笑える出来事に変える事ができるのだと気づく本です。
    人は厳しくなる時も必要ですが、同じ分だけ緩くなる時も必要だと。
    そんな時にはこの本を取り出して読みたいです。
    続きを読む

    投稿日:2013.12.30

  • 出雲一寸

    出雲一寸

    読書録「ツチヤの貧格」4

    著者 土屋賢二
    出版 文藝春秋

    P134より引用
    “かなりの数の中高年の女が離婚したほうがいいかどうか迷って
    いる。この記事を読めば、離婚しないと早死すると考えて、離婚
    に踏み切る女も出るのではないかと思う。”

     哲学者である著者による、日々の生活に対する著者の思考を記
    したエッセイ集。
     著者の妻についてからつるかめ算についてまで、自筆のイラス
    トを添えた面白おかしい皮肉とウィットに富んだ文章で書かれて
    います。

     上記の引用は、迷惑な情報について書かれた項での一文。
    六十歳以上の夫婦が一緒に暮らすと、妻は死亡リスクが二倍に、
    夫は半分になるとのこと。新聞の記事だったそうですが、その下
    に保険会社か弁護士事務所の広告があったかどうか気になるとこ
    ろです。
    人の生き死にも、人生の大きな決断も、ビジネスプランの一つで
    しか無いのでしょうか。
     自筆のイラストはいつもながらの出来栄えです。大変味わい深
    いので、慣れると見つけた時にホッとします。今回は点数が少な
    めなので、少し寂しく感じてしまいます。どうやら私ははまりつ
    つあるようです。

    ーーーーー
    続きを読む

    投稿日:2013.08.20

  • y_doka

    y_doka

    土屋さんの本は数年前までははまっていたのだけど、どうもマンネリ化した感じがしてしばらく遠ざかってたんだよね。
    久しぶりに読むと、面白い!さすが僕が勝手に名づけた「日本三大面白随筆家」だけある。

    こういう類の本は、時折、暇つぶしに読むのが最適と実感しました。続きを読む

    投稿日:2013.03.20

  • 猫トみかん。

    猫トみかん。

    笑いが必要なときには土屋先生。ちょこちょこ読んではくすくす笑わせていただきました! 表紙もね、素敵ですね。中身はいつもと同じでしたね(褒め言葉)。

    投稿日:2012.07.13

  • 歯痛(はいた)

    歯痛(はいた)

    「間違って写真集を買ってしまったのだろうか」と危惧したが、中身はいつも通りだった。新キャラ(?)ツチヤ師がいい味。

    投稿日:2012.04.05

  • ghostrider

    ghostrider

    A=Aである。
    AにBが含まれる。もしBが含まれないなら,AにはBではないものが含まれる。
    Aは保護の対象である。私はAである。だから私は保護の対象である。かりに私がAでないなら,保護の対象にならないことが保護の対象に値する為,やはり私は保護の対象である。

    これがツチヤエッセイのエッセンスである。このシリーズを読んでいれば,何度も出てくるロジックで,読む度にばかばかしいと思う。だけども,少し笑ってしまう。ここに読ませる力の強さを認める。

    マンネリなんだけど,この無理矢理ロジックを味わう為に次も買うんだろうな。文庫だけど。
    続きを読む

    投稿日:2011.07.10

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。