南Q阿伝(3)

光永康則 / 月刊少年シリウス
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
2
1
0
0
  • 3巻

    表紙の順番、半漁人が出ます。半漁人・古代吸血鬼・イスの偉大なる種族等のがでます。

    個人的には一応の主人公が2巻ではなく3巻なのはすわりの悪い感じがします。

    投稿日:2015.04.24

ブクログレビュー

"powered by"

  • 出雲一寸

    出雲一寸

    読書録「南Q阿伝3」4

    著者 光永康則
    出版 講談社

    p155より引用
    “いつか死んであの世に行った時
    そこで必ず海の事が話題になる
    だから生前に必ず一度は海を直に見て
    そして肌で感じておくものだ

    目次から抜粋引用
    “南久阿、御神渡りを輔けんとす
     南久阿、異形と邂逅す
     南久阿、山車を曳かせる
     南久阿、海岸に赴く”

     蜘蛛の神様と、その下僕を身に宿した少年
    を主人公とした、日本を侵略しようとする存
    在との戦いを描いた物語。
     とある湖、神様が水面を走ると氷が隆起す
    る御神渡り。しかしこの年は、もう何度も失
    敗しており、その原因を排除するために、
    南久阿たちは湖へ向かう…。

     上記の引用は、海を知らない仲間に対して
    言った、南久阿の台詞。
    映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」は、
    しみる良い映画でした。日本版は見てません
    が。この引用の原典が、この映画以前の何ら
    かの作品かもしれませんが、この台詞の意味
    をしっかりと深く噛みしめる、そんな映画で
    す。
     御神渡りや山傘等、地名などが少しずつ変
    えられていますが、実在のお祭りなどをモデ
    ルにした話が多く、その地域に思い入れのあ
    るひとだと、より面白い巻となるのではない
    でしょうか。ちょっと変えてあるだけなので、
    多分すぐわかります。

    ーーーーー
    続きを読む

    投稿日:2017.01.21

  • s705

    s705

    怪物王女の世界観なんだなってことを思い出しました。
    太郎三巻で表紙なんだ……二巻は銀子さんだったものね……

    投稿日:2014.04.14

  • otaku-nazox

    otaku-nazox

    このレビューはネタバレを含みます

    3巻読みました。

    御神渡りに祇園山笠・・・・・・・本当に、日本中の神様を助けてるな。
    南久阿、おまえ何の神様だよ!?w<渡来神より外から来てね??www
    まぁ、日本は八百万の神々が住まう国ですからね。
    案外、民に害を与えない神なら、そのまま受け入れられておおかしくはない。<とか言いつつ、日本の神々にも荒御魂というのがあって・・・・(^^;)
    そんな細かいことはどうでも良いか。
    面白ければ、オールOKですよ。(^-^)

    やっぱり、吸血鬼は出てきたね。
    吸血鬼と人狼が、作者はよっぽど好きらしい。
    今回は敵だけど、こんごはどうなるのかね?<怪物王女の世界とも繋がっている感じだしな。

    あと、人魚って・・・・・・・・アレは「ヒトガタ」ではないのか?
    新しいネタも突っ込んでくるなぁ・・・・。
    ということで、水着回は次巻に続きます。
    これは嬉しいね。(*^.^*)えへっ

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.10.14

  • 『黒犬』の優樹

    『黒犬』の優樹

    つい、この間、同先生の『棺探偵 D&W』をベタ褒めしまくった手前、アレなんですが、「どっちが面白いか?」は脇に置いとくとしても、個人的に肌に合っている感が強いのは、やはり、『南Q阿伝』かな、と読んで、しみじみと感じてしまいました
    蜘蛛とJCの神・南久阿、ちょっと詰めが甘いけど誇り高い狼・銀子、そして、ラッキースケベに愛されている、戦闘力が人外の人間・太郎が、調子に乗って侵略してる渡来神(宇宙人?)を駆除して、日本の伝統を守っていくっつー、読んでいて理解しやすいストーリーだからかな?
    けど、やっぱり、この漫画の一番の推しポイントは、主人公と言ってもいい太郎が、渡来神に、本家に負けないほどの速度と手数、威力の“オラオララッシュ”をかますトコでしょ、何と言っても!!
    もう、スカッとしますよ、このシーンは
    また、女性キャラの谷間にも、光永先生は無限の夢を籠めてくれてますねwww
    この巻では、化け物の代表格と言ってもいい吸血鬼が登場しており、話に更なる深みと重さを加えてくれています
    今後、南久阿陣と、グレタ嬢を筆頭とした化け物勢がぶつかるのか、はたまた、共同戦線を張り巡らせるのか、その辺りにも注目したい・・・・・・もっとも、私としては、太郎がグレタ嬢ともエロスなハプニングを起こす事を期待しているわけだが
    個人的に、第3巻で推す話は、第十二和の『南久阿、山車を曳かせる』ですね
    半被は・・・・・・貧乳っ娘の方が似合うと思うんですよ!!
    続きを読む

    投稿日:2013.10.01

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。