PK

伊坂幸太郎 / 講談社文庫
(290件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
25
86
114
30
2
  • 複雑に入り組んでます

    気軽に読み始めてしまいましたが、三つのはなしが複雑に入り組んでいました。

    最初の二作は繋がりが見えず混乱しますが、三作目でやっと見えてきます。

    色々な解釈ができるお話しですが、仕掛けとしては面白かったです。続きを読む

    投稿日:2014.11.24

  • 読み返したくなる作品

    PK・超人・密使の3つの中編のお話です。それぞれの物語が重なりあって、同じような言葉がでてきます。その決断が未来を変える。です。他の伊坂作品のように、構成が考えぬかれている感じです。読み終った後に、読み返したくなる作品です。続きを読む

    投稿日:2014.11.17

  • PKの意味が2つあるとは。。。

    別の雑誌、掲載時期も違う作品3編を単行本にまとめた本書。
    あとがきで伊坂氏が書いていますが、少し手を加えてつながりを濃くしたとのこと。

    3作品ともSF色が強く、私はあまり好きではないストーリーでした
    些細なこと(決断)で未来は変わる、作中の言葉を借りれば、最初のドミノになる、
    というのが共通のテーマなのかな。
    【SOSの猿】の読後感と似ていて、何やらよくわからない、煙の中でもやもやと終わった感があります。
    たった250ページほどの本なのに、読むのに時間がかかりました。
    続きを読む

    投稿日:2016.04.02

  • これは意味が分かるのかなぁ

    この作家の作品としては、あぁこういう感じね、という感じがするものの、ちょっと意味が分からなくて読み進めるのが難しいかもしれません。
    個人的にはあまりしっくりこなかった。

    投稿日:2014.12.24

  • ん~難しいな~

    3つのストリーが入り組んでの展開になります。
    読後に解釈が色々出そうな作品です。

    人生の今の状況は、過去のその時々の決断により決まると
    言いたかったのかな~?とも取れる内容でした。

    生きていくうえで決断に迫られた時は
    「試されているかもしれない」と思うと一歩踏み込んだ
    決断ができる、と伝えたかった作品だと思います。
    続きを読む

    投稿日:2015.02.08

  • 伊坂ファンなら(^-^*)

    連作短編3編と言っていいのだろうか?それとも長編小説が3章に分かれてると読むべきなのかわからない。リンクしてるのはたしか。例のごとく時間と空間がちょくちょく入れ替わって、伏線をつなげていく。「PK」と「超人」までは面白かったけど、ちょっとくどいかな。表紙が見事に内容を象徴づけています。緑色であることもチェック。続きを読む

    投稿日:2015.04.12

Loading...

ブクログレビュー

"powered by"

  • march

    march

    これはもう一度読まないとわからない。。
    付箋をしっかり掴んで、考えて、読むのが好きな人はすごくおもしろいと思う。ムムム

    投稿日:2021.01.09

  • ayuko.

    ayuko.

    新しい話が次から次へとポンポンと飛び出すから頭の中の整理が追いつかず挫折しかけた。

    あとがきの解説を読んでなんとなく分かった気がする。

    投稿日:2021.01.02

  • まき

    まき

    読了後、ノートに纏めてみてようやく
    ストーリーが把握できて面白みを感じた。
    なかなか難しいストーリーではあったが、分かった時の爽快感はすごい!読み返してみるとまた違った面白みを発見できそうな作品だと思う。

    また伊坂作品といえば、名言。
    本書にもアドラーやチャップリン等の名言が載っていてまた一つ今後生きていく上での糧としたい。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.30

  • OTo

    OTo

    伊坂幸太郎の作品は割と読んで最後の伏線回収でうぉーーー!!!ってなることが多いが今回はなんとなく??ってなってしまった。
    多分自分の読解力不足だと思う。
    1話目と2話目の繋がりは分かったが、3話目について1話2話と繋がりがあるのはわかるがなんとなくパッとしない気持ちになってしまった。続きを読む

    投稿日:2020.12.24

  • みー

    みー

    •難しかった!伊坂幸太郎さんの本は最後まで読んでやっとそういうことか!となるイメージはありましたが、今回は最後まで読んでもなるほ…ど…?という気分。

    •難しいけどテンポがよくて一気に読み切れました。あまりにずっと読んでいるので、家族からもめっちゃその本にはまってるね、とコメントされました。

    •一気に読まないと絶対わからなくなる。そして一気に読んでも一回じゃ理解し切れなかったのですぐ2回目を読み直しました。

    •2回読んでたぶんだけど、いろんな人がハッピーエンドにしようとがんばっている話だと理解しました…とりあえず希望が持てる話だと思う。
    続きを読む

    投稿日:2020.12.22

  • いーさん

    いーさん

    数年前に読んだことがあったがふと、勇気がなんとか〜って言っていたなと思い出し再読。

    勇気は伝染する、臆病も伝染する

    あぁ!そうだそんな感じだ。

    SFチックでなかなか読みなれないジャンルだったが意外とこことここが繋がってるのかな?なんて考えながら読むと面白い。あとがきがあって良かった。難しいなと思っけど、面白かった。続きを読む

    投稿日:2020.12.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。