マキゾエホリック Case2:大邪神という名の記号

東亮太, Nino / 角川スニーカー文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 遠山

    遠山

    マキゾエシリーズ第二巻。ストーリーの主軸となるテーマが出てきた感じです。黒幕がこれから奔走する気配。
    チョイ役だと思っていた人が、最後に結構活躍していたので意外でした。そして帷子さん好きだ。(笑)

    投稿日:2007.08.04

  • 持知

    持知

    マキゾエシリーズ第2弾。
    前回の事件からしばらく経ったある日、図書委員となった藍子の元に現れたのは、自らを超古代の巫ミシェル・エルフィーノの生まれ変わりと称する少女とその友人だった。藍子は彼女らに間もなく復活する大邪神ガゾツフスを倒すよう頼まれる。しかしその「大邪神復活」の預言は全てが嘘であり、全てが真実だったのだ−−−。
    再び動き出す「黒幕」の野望を、藍子と灘は止めることが出来るのか?!
    マキゾエを喰らうとわかっていても飛び込んで行く真っ直ぐな心を持った藍子と、そんな彼女のマキゾエを心底嫌いつつも冷静に全てを解決する灘のコラボはいつ見ても面白いです。
    そして物語は意外な展開へ?
    恋愛って恐ろしい。
    続きを読む

    投稿日:2006.09.06

  • 高月

    高月

    マキゾエ第二巻。
    相手が大邪神って割に、前巻以上に推理テイストが強い気が。
    最後の最後まで話がひっくり返るので、気が抜けない。

    投稿日:2006.05.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。