アルカサル-王城-外伝 1

青池保子 / プリンセスGOLD
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 玲那

    玲那

    某Nさんvのブクログで出ているのを見て、即ネット購入しました。
    ロペスが好きです。ファルコのあざの話の後にやたらキスマーク思い浮かべてるの見て吹いた。
    アンヘラさんの話は作者ご本人がおっしゃってるように、少女漫画悲恋でいいなあ。

    ……ロペスって某魔人探偵漫画の筑紫さんっぽい、と唐突に思ったわ。
    続きを読む

    投稿日:2009.02.18

  • のおや

    のおや

    本編が慌ただしく終了し(きちんと終わっただけでもめっけもんだけどね)寂しく思っていたが、外伝が出てまたペドロ王やアルバレス、ロドリゲスやロペスの掛け合い漫才が見られて幸せですvvしかもファルコまで登場してまったくウハウハものですよvvコンスタンシアとジェフリー・チョーサーの間に史実でも関係があったなんて。しかもまだ描いてくれるらしい。いつまでも待ってます;;続きを読む

    投稿日:2009.02.10

  • ようちん

    ようちん

    連載開始から24年、途中13年間もの休載を乗り越え、昨年ついに完結した「アルカサル-王城-」。わずか1年後に「外伝」3篇がまとめられとは・・・嬉しいけど、13年も待たされたのは、一体なんだったのかと、思ったりもする。・公爵夫人の記 カスティリア王ドン・ペドロの死後、次女コンスタンシアが、夫である英国ランカスター公とともに、故国を奪還すべく奔走し続ける。14世紀中世英国やイベリア半島の歴史がたくさんでてくるが、いつもわけがわからない。なんでみんな同じ名前なんだぁ〜〜もっと別の名前にしてくれ〜〜・天使の飛翔 物語のヒントは「セビリアの伝説と伝承」という説話集とのこと。いつも思うけど、中世に生きるのは大変だなぁ。名誉とか正義とか。自分は間違っていなくても、疑われたらおしまい。おそろしくて、かなしい。・地の果てへの道 ここで、嬉しいことに「修道士ファルコ」が絡んでくる♪おお、しかも追放されたマティアスまでもが♪♪作者の別の作品の登場人物が、ここでうまい具合に絡まってなんともいい感じ♪♪♪ファンにはたまらない1篇でした♪しかし、最新刊なのになぜ書影がないのでしょう?残念です。続きを読む

    投稿日:2008.12.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。