地底旅行

ヴェルヌ, 高野優 / 光文社古典新訳文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.8
5
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • YOERU

    YOERU

    秀逸で分かりやすく面白い。

    物語としても素晴らしく、翻訳も本当に素晴らしい。


    ただ語学的にただしく訳しただけでは作品にならない。音符通りに正確に弾いただけでは音楽にならないのと同様に、という言葉に痺れた。

    そこに、翻訳の「美学」を感じる。



    物語に登場する博士に対して、不安や恐怖からそんなことはあり得ないと批判を繰り返していた博士の甥が、そんなあり得ないことが現に自分の目の前に起こってしまった時の頭の中の感情と思考のメーターの振り切れようが半端ではない。

    否定していた人間が今度は打って変わって、先陣をとって博士をも置き去りにする勢いで突き進む人間になってしまった。

    反動で余計に勢いがつく。

    その変わりようと言えば滑稽で仕方がない。

    それまでひたすらビビりまくっていたその甥が言う。
    「叔父にしては生ぬるい」と。



    人間というのは、
    頭の中の思い込みである常識を断固として譲らないが、目の前にそれに反する事実が露わになった瞬間に、こうも態度がガラリと180度変わるのかというのを作者のヴェルヌは面白く描き出してくれている。


    科学というのは、コロコロと更新されて変わる。
    ニュートンは地球の年齢を5万年と見積もっていたが、現在では45.5億年とされている。

    空想科学小説であり、その科学の論理の元に書かれた小説の中で、科学などの合理主義を本質的には否定しているという、ただの文学でもなく、ただのSF小説でもない、何層にも深みが感じられる秀逸な物語。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.23

  • ゆーや

    ゆーや

    2018年30冊目。

    小学生の頃、ヴェルヌの『海底二万里』を渡されて、ほとんど読まずに放棄していたことを思い出す。
    これだけ想像力が刺激され、未知の世界にワクワクできるヴェルヌの作品を逃していたことを後悔。
    『地底旅行』は、大人になって読んでも心踊る、素晴らしい本だった。

    危険な地底への旅に邁進する鉱物学者の叔父リーデンブロック教授のキャラクターが強烈。
    科学者でありながら、旅にとって不都合で、旅を差し止めるような危険性を示唆する理論には真っ向から反対。
    自分が進むべき理由だけを盲信して突き進む。
    なんだかドン・キホーテみたいだなと思いながら読んでいたら、役者あとがきにも同じことが書かれていて「やっぱり!」と嬉しくなった。
    こういう盲信の力には憧れがある。

    地底だけでなく、海底や月世界の想像上の旅まで書き上げているヴェルヌの想像力に脱帽。
    どれも読んでみたい。
    続きを読む

    投稿日:2018.07.08

  • 探耽

    探耽

    地層を遡ることで過去への知見は広がります。
    地底旅行は、地層を遡ることで過去を体感することになります。
    高度な科学技術などは現れませんが、古生物学・地質学等に焦点を当てた風変りなSF小説と言えるでしょう。
    科学は絶対であるとしていた教授が、間もなく理論などどうでも良いとする様が、変化を許容する科学という存在そのものであると感じられます。
    比較的長編と思いますが、話がなかなか進まない部分と劇的な速度で進む部分が現実的であり、読者を飽きさせません。
    続きを読む

    投稿日:2016.10.21

  • k-masahiro9

    k-masahiro9

    このレビューはネタバレを含みます

     私は何も言わず、目の前の素晴らしい光景を眺めた。この感覚を言葉で表さすことは難しい。私は自分が天王星や海王星のような、はるか遠くの惑星にいて、地球の感覚では理解できない現象を見ているような気分になった。今までに経験したことのない、この新しい感覚を表現するためには、新しい言葉がいる。けれども、私の乏しい想像力では、その言葉を見つけることができないでいたのだ。私はただ少しばかり畏怖の混じった驚嘆の思いを抱きながら、この不思議な光景に目を奪われていた。(p.327)

     「ああ、アクセル。科学などというのは、まちがいでできているようなもんじゃ。だが、まちがいは犯したほうがいい。それによって、少しずつ真実に近づいていくのじゃからな」(p.343)

     太陽と同じ大きさ―つまり、今の地球の百四十倍にふくれあがった、このガスの塊の中心で、私は直接、宇宙空間に浮かんでいた。私の身体は粉々に砕け、やがてそれもまた蒸気となって、地球の蒸気と―今はただ赤く燃えながら、巨大なガスの集積となって、かろうじて球形を保っている地球の蒸気とひとつになった。私は原子となり、地球を形づくっていた無数の原子に混ざった……。(p.362)

     人間なんてこんなものだ。ほんの些細なことで、精神状態が変化する。腹が満たされてしまうと、飢え死にする恐怖はほとんど顔から消えてしまった。恐怖を感じるには、実務にお腹がすいていなければならないのだ。丸一日、何も食べなかったあと、ほんの少し、乾パンと干し肉を口にしただけで、私はあれほど飢え死にを心配したことを忘れていた。(p.484)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.09.09

  • moka1213

    moka1213

    ヴェルヌ恐るべし。
    読みやすく、またヴェルヌらしく見せ場もきちんと用意されている。とにかく科学的知見の造詣が深い。
    解説には科学、哲学、宗教学にも影響を与えると書いてあり、なんだかヴェルヌが途轍もない人間として書かれてる。しかし本編でプレートテクトニクス論を思わせる箇所があり、もしかしたら彼は大陸移動説を当時考えていたのかもと、ヴェルヌをより途轍もない人間なのではと考えてしまった。続きを読む

    投稿日:2015.02.23

  • myjmnbr

    myjmnbr

    久々の再読。やっぱり面白かった&読みやすかった。

    地底に広がるセンス・オブ・ワンダー。このイマジネーションに驚きつつも、すべてにそれなりの科学的説明をつけているジュール・ヴェルヌの知的能力の高さに感心します。

    変人のリーデンブロック教授に振り回される常識人のアクセル少年という安定した話型をベースにしつつ、時おり浮かれて暴走してしまうアクセル少年の行動もきいてます。
    続きを読む

    投稿日:2014.10.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。