ファントム ペイン

久能千明, 沖麻実也 / リンクスロマンス
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.7
2
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • アルラウネ

    アルラウネ

    久能先生も掘り下げますなぁ…
    だけど本当、一筋縄ではいかないというか滅茶苦茶面倒臭いなカイ!(褒め言葉)
    最強・最恐の受け様ステキすぎる。
    相変わらず文章のおかしなところや脱字等も散見されるんですが、そんな事はもうどうでもいいです。この濃密なストーリーの前では些細な事です。
    ドクターとのやり取りは謎かけみたいでクセになるし、ラストの引きもとても良い。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.06

  • ましか

    ましか

    カイの激しく複雑な性格をお勉強の巻。前回のドンパチとは一転して読むパワーが必要。とんでもないことが起こりそうで次のタイトロープダンサーが楽しみ。

    投稿日:2009.12.23

  • 南里月子

    南里月子

    トラウマ持ちの人間嫌い、おまけに自己憎悪しまくる受けっちゅーのは探せば結構いると思うのですが、このカイは…それの筆頭でゴザイマスな。凄まじい。なんか受けだとか攻めだとか述べてる己が顰蹙者のような気にさせられる。す、すみません…ッ!裏表紙に載ってる粗筋。コレが全てだと思います。粗筋で全部語ってしまえてる内容ッテ…(苦笑)今回は事件という事件が無く、専らカイの問題に終始しておりました。必要な巻ではありますが、シリーズ物だから出来る扱いだよね。これだけを丁寧に書けるっちゅーのは、ある意味贅沢だな、と。それにしても難しかったなぁ…頭フル回転して追って行かないと、何のことやらワカリマセンよ。「凱センセー、最初から最後まで何を言ってるのかわかりません」と以前三四郎が言っていた台詞が脳内を巡った(笑)カイが日常に隠れる些細な矛盾に気づいていくのにドキドキした。あああ…カイが気づく…ッ!ッテ感じで。その矛盾も読者が気づかないような些細なコトだから、カイの指摘に「おお!そう言えば!」と唸らされた。さすがカイ!(笑)イシスとして人前に出ていた事実を知ったカイが取り乱すのが良かった。それに安心してる三四郎の気持ちが良くわかる。個人的には凱とカイがあんまり「仲良し」になるのは気に食わない…(苦笑)なので、名前をつけるのは反対ー!!断固反対ー!…と思ったが、なにやらカイさん企んでいそうですね。とっても気になるラストでゴザイマシタ。続きを読む

    投稿日:2006.12.18

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。