大奥 1巻

よしながふみ / メロディ
(297件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
143
103
31
4
0
  • 内容は文句なしに面白い!

    ようやく、よしながふみさんの男女逆転「大奥」も配信されるようになりました!
    映画化、ドラマ化、各賞総なめの作品ですので内容について多くは語りません。歴史モノ、SF、ジェンダー論といろんな読み方が出来る作品で、未読の方はとにかく読んで凄さを実感してみてください。
    電子化に関しての感想は、冒頭に金頁、カラー口絵の収録があり、原書の雰囲気を出そうというのは感じられるのですが、ザラッとした手触りや指紋のつきそうな金頁のある紙の装丁にはやはり及ばないなっていうところで★マイナス1でした。よしながさん特有の薄く繊細な描線のカラー頁を堪能するにはタブレットで読むことをオススメします。
    続きを読む

    投稿日:2014.08.28

  • 荒唐無稽にみえて緻密!

    幕府の頂点に立つ女将軍と大奥の美男たち・・・。
    何とも荒唐無稽な話に思えるが、なかなか緻密な作りとなっている。
    第一巻は8代将軍吉宗(女)が将軍職に就くにあたり、衝撃的な慣習(←これが本巻のメインストーリー)に接し、「大奥」とは一体どういうところなのか?
    何故将軍や老中は女で、男達は大奥で暮らすのか?と疑問を抱くようになる。
    わからないことだらけの「大奥」ワールドの始まり、主人公である将軍様自身がよくわかっていないのだから、今のところは気にせずに続きを読むべし(笑)
    そこから3代将軍家光の時代に戻り、「大奥」成立の背景が明らかになっていく。
    それは史実を巧みに組み込んだ壮大なファンタジーであると当時に、
    「時代」や「男女」を超えた普遍的な「人間」の喜びと悲しみの物語でもある。
    本巻・吉宗編も素晴らしいのだが、個人的には家光編がドラマチックかつ、男女逆転劇の原点なので、できれば2・3巻くらいまで続けて読んで欲しいように思う。
    多分、その頃には「大奥」ワールドから抜けられなくなっているはず(笑)
    続きを読む

    投稿日:2014.08.30

  • 幕末とどう整合させるかが楽しみ

    言わずと知れた名作なので詳細は避けるが、三代将軍家光の頃に起きた伝染病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」により男性の数が女性の1/4にまで激減、治世を行うのが女性に、そして大奥が男性に代わってと言う話。

    話は現在11代将軍の代まで進んでいるが、今後幕末とどう整合させていくかが楽しみ。
    鎖国の理由も『「男性極少社会」になっているのを隠すため』とされているので、明治維新のきっかけとなったペリー来航以降とはこのままでは話が合わなくなる。10巻目当りからそこへの解決に向けた話になっているっぽいので、今後の展開が楽しみ。
    「沖田総司とかはやっぱ女性にするんだろうなぁ」、とか「西郷隆盛子なんかは見たくないなぁ」とか想像するだけで楽しい。
    続きを読む

    投稿日:2014.11.15

ブクログレビュー

"powered by"

  • ymmtdisk

    ymmtdisk

    若い男子しか罹患しない疫病「赤面疱瘡」の突如の流行により、男の人口が女の4分の1になってしまった江戸時代が舞台。『三代家光/以降/将軍職もまた/女子の継ぐ所と/なる』とあり、歴史や人物の性格や信条など、実際の史実にもできるだけ忠実に沿わせた「男女逆転・歴史改変SF」。1巻、すごく面白かった。少し前のアトロクの影響により、ついに読み始めてしまった。この巻の終わりのように、なにか開けてはならぬモノを開けた気もしている。続きを読む

    投稿日:2021.07.28

  • やや

    やや

    全巻読みました。
    徳川の世をめぐる最高の男女逆転SF…!食わず嫌いしていたことを後悔したし、ようやく徳川将軍を全員暗誦できそうです。総じてもっと早く読めばよかった。

    投稿日:2021.07.14

  • shinba@シンバ

    shinba@シンバ

    江戸幕府を女性が動かしていたら(徳川吉宗が女性だったり)…という歴史遊び。ボーイズラブ。結末までキレイにまとめた

    投稿日:2021.02.19

  • かおちゃん!

    かおちゃん!

    このレビューはネタバレを含みます

    奇しくも現代に似た時代背景を思い出し、再読。
    我身の危険は省みず、周囲の者の大切を一番に行動した水野。己の國の行く末を案じる若く賢い将軍。よく似た二人の一夜の恋、改めて感じました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.01.10

  • saki

    saki

    2020.10.28 6巻まで読了。

    夜眠れなかったのであまり面白くなさそうな(というか歴史系が苦手だから)作品を読んで寝る作戦のつもりだったのだけど、気づいたら朝4時!夢中になってしまった。
    特に、有功・家光(千恵)編が一番心に残って、心から離れなくて、今日一日心ここにあらずだった。
    どうしようもできない現実をどうにか受け止めようと踠いたりやっぱり難しかったりふたりの出した結論が切なくて切なくて。その後急いで寝たからか夢にまでふたりが出てきて、幸せになってくれ〜と願っていた。もうちょっと真面目にもう一度読む。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.28

  • より

    より

    貸してもらって5巻ぐらいまで読了。
    映画にもなったし、話題作なので男女逆転の大奥モノという設定だけは知っていてあまり興味もなかったのですが。(女性がオッサン化し、若い男が媚びうる話とかかと思っていた…

    コレは男女逆転というよりは、徳川将軍家女体化IFパロだなぁ、と読んで思いました。辻褄合わせがすごいなぁ。
    外国には病が流行ってないみたいなのでその辺りがどうなるのかちょっと気になる感じ。
    続きを読む

    投稿日:2019.08.28

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。