神曲 煉獄篇

ダンテ・アリギエリ, 原基晶 / 講談社学術文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 碧岡烏兎

    碧岡烏兎

    このレビューはネタバレを含みます

    烏兎の庭 第六部 5.27.18

    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto06/doc/DNT.html

    レビューの続きを読む

    投稿日:2020.09.20

  • 成瀬怜

    成瀬怜

    このレビューはネタバレを含みます

    地獄篇と比べると罪人とそうでない人の違いがより晦渋になってきた。
    天国と地獄で対のイメージを持っていて煉獄がどう位置付けられているのか最後まで釈然としなかった。
    ベアトリーチェと念願の再会を果たしたダンテだが同時にウェルギリウスが姿を消した。
    その場面の描写が端的ではなく納得が行かなかった。
    天国に昇天する直前で完結しているがその先に困難が待ち構えているのは想像に難くない。
    ダンテが悔悛しても無事人間界に戻って来られるのだろうか。
     

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.12.01

  • jumpinjackboy

    jumpinjackboy

    『地獄篇』は難しいなりにおもしろくも読めたのだけれど、この『煉獄篇』にかんしてはどうも最後まで馴染めなかった。その理由として、そもそも「煉獄」というもののわかりにくさが挙げられると思う。「地獄」や「天国」は学術的にはともかく、一般的な概念としては小学生でも知っているし、キリスト教ではなく仏教の世界にもあるなど、日本にとっては非常に馴染み深い。しかし、煉獄についてはどうか。まず、名称じたいがあまり人口に膾炙していないし、その内容もよくわからない。われわれの根っこにある智識の量にそもそも差があるため、当然理解についても差が出てしまうのである。もちろん、いちおう作中ではちゃんと解説というか言及があって、それを読めばある程度わかる構成にはなっているが、べつに「煉獄」という概念はダンテがオリジナルに創り出したわけでもない。当時キリスト教信者のあいだであたりまえのように共有されていた事柄を、そこまで懇切叮嚀に説明する必要もダンテには本来ないわけであって、その点からも読者にとってはこの『煉獄篇』の理解をいっそう難しいものにしてしまう。だから、『地獄篇』と同様に、つぎつぎと死者が登場してはその罪状などを告白してゆくのだが、なぜ地獄ではなく煉獄なのであろうという疑問はつねに頭のなかに浮かび続ける。誰しもがまったくの清廉潔白のまま命を落とすということはないわけであり、またいっぽうで、どんなに罪深い犯罪者であっても、多少は反省をする。天国や地獄のわかりやすさと比べて、いったいどこまでが煉獄であってどこまでが煉獄ではないのか。こういった点は、すくなくともたんに『煉獄篇』を読むだけではじゅうぶんに摑めなかった。作品としてレヴェルが高いことはたしかであろうが、このように理解が及ばない部分が多くあり、作品を満足に堪能できなかったことは残念であった。続きを読む

    投稿日:2014.12.29

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。