視聴率200%男

安達元一 / 光文社新書
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
2
3
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • maemaekenken

    maemaekenken

    「伊東家の食卓」「ダウンタウンのガキの…」等々数多くの高視聴率番組を生み出した放送作家安達元一氏の著作。生半可なマーケティング書よりもヒントやアイデアに溢れた、読んで価値ある一冊。アイデアの生み出し方、企画書の作り方、作品の組み合わせ等々、大いに参考になった。続きを読む

    投稿日:2011.09.30

  • manybook

    manybook

    過去にあった面白い企画を考える→その面白さを分析してエッセンスを抽出する→エッセンスだけ残して、元の企画を忘れる→そのエッセンスを満足させる新しい企画を考える

    投稿日:2011.09.18

  • noguri

    noguri

    僕の家にはテレビがありません(爆)
    まぁ、これは面白そーやしってことで読み始めたのですが、
    これがなかなかのアイデア本でした。

    筆者は、放送作家の安達さん。
    「ガキの使い~」、「スマスマ」、「ぐるナイ」、「伊藤家の食卓」…。
    これ、ぜ~んぶ安達さんの手がけた番組。スゴイ。。

    この本を読んでわかるコト。
    ・“放送作家”のお仕事って?
    ・面白いアイデアをひねり出すヒント

    途中、【頭の柔らかさチェック】なるものがあるのですが、
    これがなかなか面白くて、ムズい。。
    問題が解けなくてわかんないとき、
    “キィー”ってなります(笑)

    まぁ、そんなに難しい本ではないので、
    軽い感じで読んでもらいたいですな。
    続きを読む

    投稿日:2011.08.18

  • takeshidesuyo

    takeshidesuyo

    「ガキの使い~」「SMAP×SMAP」「ぐるナイ」「伊東家の食卓」…。これらヒット番組の企画・構成を手がける安達元一は、「週間視聴率200%男」の異名をとる売れっ子放送作家。「時間がない!」「企画がない!」「タレントが、事務所がうるさい!」―そんな三重苦と格闘しながら、つねに新鮮かつ「売れる」アイデアを生みつづける秘訣はいったいどこにあるのか?具体的な番組をベースにその謎に迫る。


    発想力というのはほしい能力というか持ってる人を見るとうらやましく少しなったりします。。。
    もっと頭をやわらかくというか、見方や考え方のバリエーションを増やしていきたいなぁなんて考えます♪
    続きを読む

    投稿日:2009.10.13

  • こうき

    こうき

    高校生の時に、構成作家に憧れて買った本!!

    「100のムダで役に立たないことが、1つのヒットを生み出す」

    自分も、ムダを切り捨てる大人にはなりたくないなぁ。

    投稿日:2008.05.22

  • toshikazu

    toshikazu

    な〜んか随所にギョウカイっぽい記述が垣間見られ多少苛立たしい一冊。内容はそこそこ同調出来るものではある。
    ただ、「殺してやりたくなります」などという表現は適切では無い、と感じた。

    投稿日:2007.07.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。