まんが親(1)

吉田戦車 / ビッグオリジナル
(41件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
14
12
10
0
0
  • 本当の「イクメン」って、こんな感じじゃなかろうか。

    吉田戦車さんと伊藤理佐さんの漫画家夫婦。
    その二人の育児を描いた漫画、吉田さん版です。
    伊藤さん版の『おかあさんの扉』と対をなす作品です。
    それぞれの目線で描かれていてどちらもおもしろいのですが、私は自分が男性のためか吉田さんに感情移入してしまうこちらの作品の方が好きです。
    気取らない、かっこつけない男親の育児姿はどこかせつないのですが、なんとなくうらやましかったりします。
    子どものいる男性はだいぶ共感できるんじゃないかと。
    女性は、「男親って、しょうがないなぁ……」と思ってくれればよいかと思います。
    続きを読む

    投稿日:2016.04.11

  • 子どもの行動や成長に驚き、戸惑いながらも楽しむことの大切さ。

    バツイチ同士のマンガ家夫妻。
    夫の吉田戦車は45歳、妻の伊藤理佐は39歳。

    高齢出産と呼ばれる時期をとうに過ぎたとき、
    ようやく「桃が川の上流から流れて」きた。

    実録マンガである本書は、マンガが進むと同時に子どもも歳を重ねていく。最新では5歳(今年6歳)になっている。

    吉田戦車お得意の不条理節は炸裂しないのだが、
    それはそもそも大人から見た赤ん坊が不条理のような存在だから。
    その大人にとって不可解な存在が、成長とともに条理(言葉や習慣)を覚えていく過程が描かれていく。

    吉田戦車はそのひとつひとつに驚き、迷い、喜び、悲しみながら、楽しんで子どもとの時間を過ごしている。在宅仕事のマンガ家は特にそのいつも見ている感がすごい。

    仕事で出ている親にとって、一日中ずっとその姿や声を意識の隅に置きながら仕事をするマンガ家夫婦の観察力はさすが。

    巻を重ねると娘さんの自我がよりハッキリして、「私をマンガのネタにしないで!」と抵抗し、吉田さんが執筆を断念する日もあるのかsもしれない…

    奥さんの伊藤理佐さん側から描いた『おかあさんの扉』というエッセイマンガも、合わせて読むことをお勧めいたします。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.01

ブクログレビュー

"powered by"

  • rnob

    rnob

    吉田戦車の子育て、妊娠期〜1歳半くらいまで。
    男親の娘に対する感情に共感する。
    伊藤理佐のおかあさんの扉と話が並行していて面白い。

    投稿日:2018.11.23

  • siiko

    siiko

    吉田戦車と伊藤理佐、漫画家夫婦の出産と子育てをリアルにコミカルに描く漫画。子育て経験ありなしで違うだろうけど、どちらでも楽しく読めると思った。久しぶりに「伝染るんです」のスズメが出てきてうれしかったw続きを読む

    投稿日:2018.10.12

  • maiaki

    maiaki

    図書館にて。
    奥さんの伊藤理佐さんの本と同時に図書館で借りてきた。
    同じ子を育ててるはずなのに全然違った視点で面白い。
    この絵を見てると昔はまった伝染るんですを思い出す・・・。

    投稿日:2016.08.31

  • たまもひ

    たまもひ

    いやあ、予想以上に面白かったなあ。伊藤理佐さんが描く「オットの人」とはまた違う戦車さんの姿が味わい深かった。

    伊藤さんの育児マンガは、完璧に「作品」になっていて、そこが身辺ネタ漫画として西原理恵子さんと双璧をなす素晴らしさだと思うのだが、戦車さんのは、少しホンネがのぞいていて、これがまた面白い。子供を心からかわいく思う一方で、そういうフツーの日常に煮詰まってしまう気持ちも時々描かれる。そうだろうな、「いいお父さん」っていうだけじゃないものってあって当然だよなと思う。

    「天才」吉田戦車のファンの中には「こんなもの描くな!」と怒る人もいるようだけど、気持ちはわからないでもないが、そんな心の狭いことを言いなさんな。
    続きを読む

    投稿日:2015.03.30

  • マエダ

    マエダ

    本誌を父が買っており、母もワタシもお気に入りのこちら。
    このたびコミックスをまとめ買い。
    最後のハンサムおおひなたごうが…地味に面白い…

    投稿日:2014.06.11

  • okacheap

    okacheap

    吉田戦車の漫画って、意外と始めてだったかもしれない。これも明田さんからの妻への贈り物シリーズより。赤ちゃんの時代って、実際にはすっごい短いんだなぁ、ていうことを思いながら、読んでいた。(13/9/18)続きを読む

    投稿日:2014.01.31

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。