とらわれない生き方 悩める日本女性のための人生指南書

ヤマザキマリ / KADOKAWA
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
3
4
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • wada読書家

    wada読書家

    著者の哲学を知ることができる。
    男性でもサクサク読める。
    自分らしく生きるとは、自分の考えをもって生きることだと、この本を読んで思った。

    投稿日:2020.07.27

  • hitokeru

    hitokeru

    著者が呼ぶ「マザー」、自分の中のうちなる指針はよくわかる。自分の中のその存在がだんだん小さくなり聞こえなくなってきたことも。好きなことせず、我慢を重ねているからだろう。
    「自分でも嫌になるような、消化不良の毒気のあるものは、母親の責任としてこの子の前では絶対に出さないと決めた。」とある。本当にこれこそ母親の責任だよなと思わされた。親がよりよく生きることを子に見せること。覚悟が座ってるわ、この人。続きを読む

    投稿日:2020.01.17

  • コロティーヌ

    コロティーヌ

    ヤマザキマリさんが波瀾万丈な半生を歩んでこられたというのを初めて知りました。
    いろいろな見方ができるからこそ、斬新な作品を生み出せるのでしょうね。多様なあり方を肯定的に捉える力を、私も高めたいものです
    本書のなかで、さまざまな人の悩みにおおらかに回答するお言葉が素敵でした。自分がいかに自分の思い込みや周囲の言葉にとらわれているのかと考えらせられます。「とらわれない生き方」というタイトルに頷けます。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.10

  • ちゃき*

    ちゃき*

    2019.2.11読了。昨年の年末に読んだ出口治明さんの本(『働く君に伝えたい 「お金」の教養』)に、価値観を変える方法として“ヤマザキマリさんの本を読むこと”が勧めれていて、一体どんな本を書かれているんだろうと思い、早速手にとってみたのがこちらでした。
    タイトルからして価値観を変えてくれそうな本ですが、まさに。特に恋愛や結婚に関してのお話では、目からウロコというかなんというか、読者からのお悩みにも潔くバサッと斬っていくようなスタンスが素敵でした。
    いろんな価値観に出会えるから、やっぱり本って面白い!と改めて感じさせてくれた読書体験となりました。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.09

  • ウクレレ1号

    ウクレレ1号

    このレビューはネタバレを含みます

    おしん的人生を歩んできたヤマザキマリだからこそ言える、人生の味わい、愉しみ、喜びとは? 仕事、恋愛、子育て、セックス、人間関係などについて語り、人生にいきづまっている日本女性に「心のタガの外し方」を伝える。

    実体験が有るから,すごいと思うが,私には真似できない・・・。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.04.12

  • iwadetomoko

    iwadetomoko

    子育てにおける親の最大の責任は、人生は楽しいものだと身をもって教えること。そのためにまずは親自身が人生を楽しみ、頼りがいのある自分を育てていくこと。本当にその通りだと思う。
    ヤマザキさんは自由の良さを手放しで語るのではなく、それに伴う責任や苦しみ、孤独や別れもよく知っているからこそ説得力がある。続きを読む

    投稿日:2017.01.04

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。