迷路館の殺人〈新装改訂版〉

綾辻行人 / 講談社文庫

総合評価:

4.5
(6件のレビュー)
3
3
0
0
0

この作品のレビュー

  • 作中作中作の迷宮へようこそ

    推理作家の大家、宮垣葉太郎の還暦祝いに招かれた4人の作家と編集者たち。彼らが迷路館を訪れると、待ち受けていたのは宮垣の死を告げる秘書の井野と遺書代わりの録音テープでした。
    迷路館を舞台にした小説を書き、最も優れた者に遺産が与えられるという内容に、戸惑いを覚えつつも執筆を始める作家たちですが、各々の作品が完成する前に殺人事件が起きて・・・

    作中作中作という入り組んだ構成はまさに迷路のようで、解決したかと思われた事件の後に、更なるどんでん返しが待ち受けます。
    新人作家、鹿谷門実のデビュー作も読める館シリーズの3作目。細かなネタと伏線がちりばめられた、読み応えたっぷりの一冊です。
    続きを読む

    投稿日:2014.07.21

  • ややこし…くない!

    「作中作」の登場するミステリはほかにもあるでしょうが、本書の仕掛けはなんと「作中作中作」です。ページの9割以上を占める「作中作」の中で、(作中作の)登場人物たちが小説(作中作中作)で競い合う。なんともややこしく思える構成ですが、読んでみるとそうでもありません。スピーディーな展開に乗せられて、その構成にも、迷路館という異様な舞台(文字通り廊下が迷路になっています)にも、すぐに馴染んでしまうはずです。
    あまりいろいろ書くとネタバレになりそうですが、もう少しだけ……。
    本書は「本格」らしいさまざまな要素を惜しげもなく詰め込んだ作品です。隅々まで楽しませてくれる、贅沢な1冊でした。
    続きを読む

    投稿日:2014.08.09

  • ギッシリ詰まってます。

    中村青司の設計した、奇妙な地下の館・迷宮館。推理作家・宮垣葉太郎の還暦祝いに招かれた4人の弟子作家と編集者達。だが待っていたのは、宮垣の自殺と莫大な遺産を賞金とする推理小説の競作だった。
    作中作の中にも作中作が…という、被せに被せたテンコ盛りなストーリー。軽めのテイストでテンポ良く読めたけれど、半分は予測通りで、半分は綺麗に騙されました。本格はやっぱり良いな…。 続きを読む

    投稿日:2014.11.20

  • 十角館を超える衝撃でした・・・!!

    全く事前の知識なく読んでしまったので本当に驚きました。
    奇抜な舞台設定、堅実な納得のトリック、仰天の結末と、てんこ盛りでした。
    きっとこの1作を3作品に分けたとしても充分面白いと思います。

    正直途中はあっさりしていますが、それがかえって読みやすく、一日で読んでしまいました。
    とにかくネタバレを見ずに最後まで読んでほしいです!
    続きを読む

    投稿日:2016.12.25

  • 小説の中の被害者が現実の被害者になる

    館シリーズでお馴染みの島田潔の所に一冊の本が届く。
    この作品は現実のある殺人事件を直接の題材として書かれたもので、もちろん昨年の4月に島田も関係者としてその中に居た。
    館に集められた4人の推理作家がこの小説の中で自分を被害者にした小説を書くと言うコンテストが行われ・・・・小説で書かれた内容に沿って殺人が行われたと言う事件だ。島田はその送られた本を読み始める。

    色々なトリックによって何度も惑わされ、ラストのどんでん返しはなかなかよかった。順を追ってシリーズを読んでるが一番おもしろかった。
    続きを読む

    投稿日:2014.12.01

  • 個人的に一番好きです

    十角館から黒猫館まで読んだ中では、一番好きです。
    展開が二転三転するところ、「騙された」の神髄を感じます。
    また、「所詮、推理小説」というへりくだった表現にも脱帽です。

    投稿日:2017.05.25

クーポンコード登録

登録

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。