使える!『徒然草』

齋藤孝 / PHP新書
(25件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
4
7
10
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • sudamerica

    sudamerica

    現代のビジネス書とほぼ同じことが書いてある。
    兼好法師がつれづれに書いた取り留めのない話ばかりかと思っていたから驚いた。今も昔も人生の真理は変わらないんだな。面白い。
    グッときたフレーズは、
    「偽りても賢を学ばんを、賢といふべし。」
    本心でなくとも、賢い人の真似をすることは大事である。
    続きを読む

    投稿日:2019.03.19

  • とみよ

    とみよ

    高校の時にこの面白さが分かってればもっと古文を好きになったと思わせてくれる本でした。
    高校生の時には全体的に古文が苦手で、徒然草も有名な部分しか知らなかったけれども、この本を見たら、徒然草がすっごく面白い本だということが分かった。
    もしかしたら、高校生の時なんて人生のツラい部分が分からないからこの徒然草の面白さが分からないかもしれないけどw

    今度は徒然草、全部読んでみよう!
    続きを読む

    投稿日:2018.02.10

  • あぶ(@creaaaaate)

    あぶ(@creaaaaate)

    兼好法師が書いたとされる随筆、『徒然草』。同著の中から、現代人のコミュニケーションやビジネスにも使えるヒントを斎藤孝氏が抽出。「集中力を高める」「自分の得意技を持て」「眼力をつける」等々、教科書には載っていない魅力を解説する。

    序 『徒然草』の使い方
    第1章 上達の秘訣
    第2章 生きるのが楽になる知恵
    第3章 人生を深く味わう極意
    続きを読む

    投稿日:2015.08.02

  • 「かあさん」

    「かあさん」

    折りに触れて読み返す1冊。兼好の文章に触発されて教訓を引き出し、それを技化させるための指南書。なるほどと思える内容が多く、わかりやすい。

    投稿日:2013.11.21

  • Rucca

    Rucca

    「いいひと戦略」と「江戸しぐさ」とこの「徒然草」。
    脳内リンクがそろそろつながってきそうです。全部の訳というのではなく、その一部をわかりやすい解説で書かれていてとてもおもしろかったです。

    投稿日:2013.02.28

  • 0707shi

    0707shi

    このレビューはネタバレを含みます

    誰しも知っている処世術や世評の古典。具体的な事例とその批評。ただ古典だけに具体的にどう解釈し、紐解くか難しくこの本はポイントを解説している。 ほとんどは、さすがに 新鮮味のない教訓が並んでいるが、第75段の「孤独な時間のすすめ」で、やることがないと嘆く人の気持ちが知れない、心静かに保たれている状態が何よりも好ましい。との兼好の意見はなるほどと思った。現代人はとかく忙しくまた人と繋がっていたい人が多いが、兼好の時代も世間との関係は煩わしかったらしい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.10.13

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。