女子かう生 1

若井ケン / WEBコミックアクション
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
2
4
1
0
0
  • ほんわかサイレントコメディ

    全編セリフなしのサイレントコメディ作品ですが、キャラデザインのせいもあってか、ぶっちゃけ「セリフのない『今日のあすかショー』」です。
    違うのは、主人公のもも子に小悪魔的要素が無く、ちょっとおバカな残念美人であるところ。彼女が有り余る時間を友人と一緒に目一杯楽しむ様は、見ていてほんわかしてきます。
    学生時代にみんなで馬鹿なことやってたのを懐かしく思ったりしつつ、あまり深く考えないで楽しめる作品です。
    続きを読む

    投稿日:2014.06.13

  • う~ん、イイ感じ。

    アニメも始まりましたが、原作と比べてまったく違和感がありません。
    女子高生の日常というか「あるある~」みたいな内容に思わず微笑んでしまいます。

    投稿日:2019.04.29

ブクログレビュー

"powered by"

  • kagamibana

    kagamibana

    このレビューはネタバレを含みます

    装丁:楠目智宏(arcoinc)

    無声漫画は、動物とか元々しゃべらない設定の
    物じゃないと、ダメだ~。
    この子が、言葉がしゃべれない子に見えて
    違和感を覚えてしまう。
    あと、女の子のふわふわした世界観なのに
    男の人向けのサービスエロが出ているのも、気持ち悪い。
    青年漫画の男子キャラ視線でのエロ絵はいいんだけど
    これはなんか盗撮系の気持ち悪さを感じてしまった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.05.24

  • yoshimitaka

    yoshimitaka

    このレビューはネタバレを含みます

    くそぅ…タイトルで惹かれて手に取っちゃう辺り、チョロ過ぎるぞ、私…!!

    しかし、幾らなんでもキャッチー過ぎる。このままホイホイ買っちゃったら単なる女子高生スキーじゃないか、と(違うのか?)クールなもう一人の私が自制を促す。そう、書店がおためし読本(2話収録の小冊子)を用意してくれてるじゃないか。これで冷静に品定めをだな…。

    そういうわけで買いました。

    どうしてこんなにも残念美少女に弱いのか、私…。

    何より絵が可愛いのです。少しリアル寄りのタッチで描かれたセミロングの主人公・もも子が確かに美人で魅力的。マスコット的なまゆみ(小さい。まゆげ)、クール眼鏡・しぶ美(思いの他脳筋)もそれぞれ特徴を生かして可愛く描かれています。ていうか、ぶっちゃけ全員可愛い。ちなみに上記のカッコ内は公式による人物評です。

    この3人(とモブ)が過ごす「あぁ、バカだなぁ…」とほのぼの眺めてしまう日常を描いているわけですが…いや、ホントに下らない事を楽しそうにやってるんですよね、彼女ら。「他にやる事あるだろ」と言われそうな…でも、それが楽しいと思うのはよーくわかる、という絶妙なゆるい日々。
    それをサイレント(セリフ無し。効果音・擬音はあり)でやる、というのがミソですね。
    表情と動きでセリフを予想しながら、それでいて楽しさを感じられるというのが、作品に引き込まれます。

    最初の数話はもも子だけの日常を描いているのですが、この辺は正直彼女の(残念な)エロ可愛さばかりが強調されており、面白いよりエロい、が先にきます。
    が、まゆみとしぶ美が出てきてからが絶妙な面白さ。ボケ、ツッコミ、巻き込まれ、が気持ちよく回り始めて楽しいのです。


    …いや、油断しまくりなもも子も凄く残念でエロくていいんですけどね…!


    そんなわけで、近日中に続巻を購入する予定(まんまと)。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.04.06

  • princess-mako

    princess-mako

    「坂本ですが?」と並んでいたので購入。
    「坂本ですが?」とは逆で、のほほんとしたマンガですが、時々ドジるのもまた面白かった。

    投稿日:2015.02.16

  • まえすとろ

    まえすとろ

    女子高校生が主人公の日常を綴ったギャグマンガ。しかし、その構成はセリフが全くないコマ割りのタイミングと構図という『間』を駆使し、10ページにもわたるストーリーを<読ませる>なかなか高度な技術の積み重ねによるハイセンスな「サイレント漫画」。特に1カットごとの構図のセンスが素晴らしく、写真を獲るときの構図の勉強にもなります。ベタなゆるゆるの百合漫画と侮ることなかれ。 続きを読む

    投稿日:2015.01.20

  • 『黒犬』の優樹

    『黒犬』の優樹

    JKモノ、こう書くと安っぽいAVかよってツッコマれそうだけど、中身からは微エロな香りもするので、あながち間違いじゃないカモ
    前作もそうだったけど、好きなのかな、若井先生、わざとらしくないチラリが
    また、先生は、女子高生ってのはちょびっとおバカな方が、可愛さが三割増しになるって暗黙の真理をよく知っていらっしゃる
    女子高生の、男目線で見ると変哲もない日常を、楽しく出来ちゃうハイテンションっぷりを、鮮やかに描いている
    姦しい、この漢字が、そのまんまで漫画にされてる感じ
    一人でも元気な女子高生は、友達と一緒にいると、もっと元気になって、周りも明るくする、底なしのパワーを持っている
    やっぱ、人間、持つべきものは同類か!!
    加えて、台詞を入れない事で、読み手の想像、空想、ついでに妄想をいっぱいまで膨らませる点にも、若井先生の漫画家としての腕力を見て取れる(でも、そのおかげで、この漫画からは引用を出せないのだが)
    個人的に一推しな話は、第7話の『女子かう生とファミレス』
    好きな娘は、見た目だけはクールなメガネっ娘のしぶ美嬢
    続きを読む

    投稿日:2014.06.18

  • aktio

    aktio

    女子高生日常もの。

    こんな純粋な女子高生がいるか?ファンタジーです。ほわほわした漫画が好きな方へ。

    投稿日:2014.04.19

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。