THINK LIKE ZUCK マーク・ザッカーバーグの思考法

エカテリーナ・ウォルター, 斎藤栄一郎 / 講談社
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
6
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • mak-toy

    mak-toy

    5つのPで考える
    Passion
    Purpose
    People
    Product
    Partnership(協力)

    投稿日:2020.05.10

  • facecollabo

    facecollabo

    このレビューはネタバレを含みます

    新たな利用者の伸びが止まり、フェイスブックの10代の利用者が少なくなっているが、将来どこに向かうのか、新たな価値を生み出すのか。承認要求から自己実現へ。
    タイムライン
    https://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.09.30

  • なりすけ

    なりすけ

    情熱、目的、人材、製品、パートナーシップ。
    同じ時期に同じ情熱、目的を持った会社がいた。
    その中で会社と事業の方向性を示し、最高のチームづくりを行い、会社を小さく維持(優秀な人材を採用)して、素晴らしい製品を現実のものにする。この成功はチームスポーツで、全てをひとりでは実現できない。ベストの相棒がいる。ザッカーバーグとサンドバーグ。補完し合う、夢を設計する、ビジョナリーと価値を設計するビルダー。力の補完関係。弱みを共有、補完してより強いチームになる。新たな利用者の伸びが止まり、フェイスブックの10代の利用者が少なくなっているが、将来どこに向かうのか、新たな価値を生み出すのか。承認要求から自己実現へ。続きを読む

    投稿日:2019.09.29

  • ゼロ

    ゼロ

    ザッカーバーグへインタビュなどをして書かれた書籍ではなく、いろんな資料などから著者が独自に「ザッカーバーグはこう考えている」という感じで書かれていた。

    投稿日:2017.08.28

  • knowledgebook

    knowledgebook

    ザッカーバーグの思考法というよりは、成功しているITベンチャーの良かった所の紹介。

    タイトルに騙された感がある一冊。

    良い製品を作ることを第1にするザッカーバーグの考え方は、今後色々な製品やサービスが生まれる上で意識していかなければいけないことだと思う。

    また、失敗を受容する文化作りの重要性も述べていた。

    どでかいビジョンから、事業へ落とし込むことを2人で補完関係を維持しながら、実行していくこと。これは発見だった。1人で全てはやれないので。
    続きを読む

    投稿日:2017.03.07

  • haruyato

    haruyato

    ビジネス書を読む度に思い出すのが野村監督の『負けに不思議の負け無し、勝ちに不思議の勝ちあり』。
    成功した理由を後追いで分析しても何の意味もないよね。

    投稿日:2016.08.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。