条文の読み方

法制執務用語研究会 / 有斐閣
(12件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
3
5
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Y.K.

    Y.K.

    法律用語は日常用語と使用法が異なる場合も多い。そのため、条文を読むには法律用語の理解が必須になる。
    本書では日常用語では意味がほぼ同じ言葉で法律用語での定義を比較したものがまとめられており、初学者にとってもわかりやすい。続きを読む

    投稿日:2020.11.10

  • hiddie

    hiddie

    コンパクトだが、中身は充実。書中の用語を知るだけでも、条文の構造を理解しやすくなり、とても助かった。

    投稿日:2019.05.31

  • zanzan1205

    zanzan1205

    法律用語の説明。法律の世界の様々なルールを事例をまじえて説明してくれる。法学部生や法律を学習している人には良いと思う。

    読み通すというより、都度参照しようと思う。

    投稿日:2017.08.17

  • starkirari

    starkirari

    タイトルに偽りあり。実際は法令用語集
    若干範囲が異なるけど、ようやく法令用語の常識に比肩しうる本が出て来たなぁという感じ

    投稿日:2017.05.28

  • あまだのぶゆき

    あまだのぶゆき

    「BOOK」データベースでは、「法学部生はもちろん、授業や日常生活で初めて六法を手にとる人へ向けた、六法を身近に感じるための必携バイブル」と、紹介されています。少し前に購入したのですが、その時はなかなか気が乗らずにおいていたのですが、思い立って読みました。

    第一部基礎知識編として、法律の種類・構造・制定過程についてコンパクトに紹介。第二部では、法律の中で使われる言葉の使われ方や意味について具体の法律を紹介しながら解説さえていました。今までよくわかっていなかった法律の仕組みや読み取り方について、なるほどと思うことがたくさんありました。

    地方分権の流れの中で様々な権限が委譲されていますが、社会保障分野においては関係する法律そのものを権利保障を進める観点から国に対して廃止や改正を求め、かつ地方自治体には主旨を越えない・地域格差を生まない対応を求める運動を強める必要があります。これからも様々な法律や政令・省令等を読むことになると思いますが、この本を手元に置いておこうと思います。

    みなさんにおすすめの一冊です。
    続きを読む

    投稿日:2016.10.06

  • librarylovers13

    librarylovers13

    法律の成り立ちや似たような語句の微妙な意味の違いなどがわかりやすく解説されています。法律をより深く理解するためにも法学部生にオススメの書籍です。

    北九州市立大学:桜餅

    投稿日:2013.11.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。