まともな日本再生会議~グローバリズムの虚妄を撃つ~

中野剛志, 柴山桂太, 施光恒 / アスペクト
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • quazism

    quazism

    現在の日本、大企業が目指しているグローバリズムや、その人材育成に対する批判がこの本の中心。何でもかんでも欧米、中国韓国と比較し、ランキング上位を目指すのは日本にとってはあまり意味がないことを訴えている。英語教育にしてもそうだ。英語よりもまずしっかりした日本語を話せる日本人を育てていくことのほうが将来のために必要ということだ。少なくとも日本に住んでいる以上は日本語だけ話せれば問題はない。問題があるとすれば、それは日本が日本でなくなることを意味する。続きを読む

    投稿日:2019.08.12

  • Chocolatte

    Chocolatte

    このレビューはネタバレを含みます

    「グローバル化は時代の流れだからしょうがない」。世の中に蔓延するこのような一種無気力な風潮に疑問を投げかけるのが本書である。

    安倍氏は、政権奪取前の政権構想「新しい国へ」の中で、「伝統、文化、地域が重んじられる、瑞穂の国にふさわしい経済のあり方を考えていきたい」と論じた。しかし、首相になってからは、TPPを始めとして、日本の形を大きく変える恐れのある「改革」や「グローバル化」路線を突き進んでいる。「失われた20年」の間をみても、「保守的でないこと」が改革の名のもとに行われてきた。一体、「保守」とは何なのか。

    もちろん、改革が必要な場合はある。しかしそのような場合でも、漸進的に進めるのが保守思想の要諦。「安定」は「革新」にとっても重要なはずだ。企業家を育成するためにも、研究開発を進めるためにも、技術を磨いて後進の育成に努めるためにも。さらに安倍政権が目指す「企業にとっていい国」は、人件費をカットしやすい国に繋がる。若者にとって、「安定」が期待できない国になってしまう。日本の若者をしっかりと教育し、将来の明るい見通しを持たせることが、日本の成長戦略の基盤であるはずだ。

    99%を不幸にする新自由主義は早晩崩れていくであろう。各国が再び国家としてのありようを問い直す時代になっていく。そういった時代の流れを読みながら、国民の多くが「まとも」だと思える政治が取り戻されることを期待したい。「世界で勝つ」がキャッチフレーズの昨今の諸政策は、まるで国民皆兵制度の復活のようだ。グローバル化の波に飲み込まれっ放しになるのではなく、国民一人ひとりが、日本の先達の経験から学び、活かすことも重要なことだ。それが「まとも」な政治に繋がるのだろうと思う。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.04.29

  • hisayuu

    hisayuu

    「まとも」とはなにか?
    最初に感想を述べると、この鼎談本は優れて洗練された現政権批判であり、非常に示唆に富む本である。しかしおそらく「悪貨は良貨を駆逐する」の言葉通り大多数の人間や政権担当者の耳には入らないであることも予見できる。

    さて、鼎談でなされている議論の特筆すべき点であるが、どうも我が国が知らず知らずのうちに抱えている問題「財政均衡主義の暴走による、デフレ不況経済」「グローバリズム市場の蔓延による社会の不安定化」は全世界的であることである。

    それに先進国は気づいてはいる、にも関わらず米国は議会のねじれより欧州はユーロの呪縛により手を打てないでいる。

    一方、我が国はデフレ脱却を掲げた政権が、先の二度の大きな選挙で大勝しねじれを快勝したにも関わらず、そのトレンドに気づいているのかいないのか極めて不透明な政策を打ち出している。

    そういった我が国の状況に忸怩たる思いを抱きながらも、比較的若い著者たちは、ニヒリズム的に陥ること無く現実的な提言を多種多様に展開していく。

    最後に「外に打って出ろ」だの「内向きになるな」だの「今の若者は覇気が足りない、ハングリー精神がどうたら」「世界に目を向けるとことが大切だ!!」などインフレ期の成功体験による精神論がいつまでも現代の我が国の障害になっていることに、そろそろ気づいていただきたいものである。
    続きを読む

    投稿日:2013.12.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。