破妖の剣6 鬱金の暁闇15

前田珠子, 小島榊 / 集英社コバルト文庫
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
0
3
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • chidori8

    chidori8

    このレビューはネタバレを含みます

    チェリク退場っぽいですね。

    結構人気な彼女でしたが、私には復活からこっち違和感だらけな存在でした。そもそも最初から復活させる予定だったのか、本編再開後、ストーリーを進めるうえで急遽必要になっただけだったのか…。何でもお見通しであまりにも都合よすぎる存在だったので、急遽、の可能性もあるような…(まあ確かに「翡翠」で中途半端に登場はしたけど)
    それにしてもここまでスーパーな女性設定にする必要ってあったのか。一応人間だった筈なのに。人間からも魔性からも大絶賛すぎるチェリクに(ヒロインの影すら薄くしてた)、途中辟易しすぎて、こんなのなら、全部チェリクが解決すればいいよ!と本気で思ってた。
    まあ、復活後のラスも相当スーパーになりすぎて別の話のようですが。

    結局、チェリクにとって「家族」って何なんでしょう。自分の血と命を継いでること?その割にはリーを放置ですが。一緒に生活したことがないどころか、ろくに会話したことすらない(正しく言えばチェリクの血じゃなくて、ラスの命を分け与えられただけの)緋陵姫を救う為にあそこまでするならもっと息子をどうにかしなよって感じ。もう手遅れだけど。緋陵姫って、「翡翠」までひどい魔性だったのにそれは許せるんだなー…。身内に甘いのは娘と同じですか。
    それにしても、緋陵姫はかなり図々しい(うんざり)…

    ↑こんなレビューを書いておきながら☆3を付けるのは、赤い人とラスに一応の進展があったから、だけど、フォントが大きく行間も空いている子供向けのような構成では、雰囲気が白々しくてイマイチ…せめて「柘榴」までの文章力で読みたかったな。

    外伝の話自体はともかくとして、これって「翡翠」の事件直前の筈ですが、なぜ茅菜は「ラス」って呼んでいるんでしょう?「翡翠3」の途中で記憶を取り戻した後から「ラス」って呼ぶようになったのに。
    こういう伏線をのちに台無しにするようでは、「鬱金」の伏線なぞどこまで回収されるのやら…(まず無理なんじゃ…)

    それにしても巻末の漫画はあまりにもお粗末ですね。イラストを描かれている方の絵よりもはるかに受け入れ難い。ヒロインがまったく違います(なに、ラス「子」って)。似せようという気もなさそうですね、この漫画家さん。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.03.23

  • 瑠璃花

    瑠璃花

    このレビューはネタバレを含みます

    実は14巻を図書館で予約してて、こちらが先に来てしまったので「いいや、次の方が待ってるし」と思って、確信犯的飛ばし読みをしてしまいました。雑誌掲載の番外編やマンガも一緒に収録でそっちを全然見ていなかった私には、楽しい内容でした。

    で、まあ。
    王蜜の妖主に勝って、雛の君こと女皇と同等の能力があるって、多分ラスは認められたのでしょうね。14巻で(笑)。ちょっと微笑ましい気もする戦闘後の王蜜親子wお父様はさらりと女皇に刃向かってる…あたりやっぱり親子なんですかね。女皇の描く世界のありように、違和感があるのでしょう。で、お父さん公認の上で、ラスは女皇に喧嘩売りに…w。もとい世界を救いに赴いて、次で戦闘…という流れでしょう。

    どっちかって言うと、この巻でチェリクさんが体を張って命の瀬戸際にあった緋陵姫を助けたことと、それによる乱華&緋陵姫の今後の行動や、闇主の「お前だけが俺の女皇だ。」宣言の方が読者としては気になるところだとは思います。チェリクさんの行動の陰には闇主がいたようですし。まあ、この二人の場合、ラスを愛してるって共通項がありますから、結果はプラスの方向を目指すと思うけど。

    闇主もひとりの妖主として、雛の君の導く世界に肯んずることのできない、何かがあったのでしょう。王蜜と柘榴、どちらの妖主も、ラスへの愛だけで、そう判断したわけでは、なさそうです。二人共、天邪鬼ですから、理由なんて真逆の言い訳で、尋ねても煙にまくでしょうが。

    印象的だったのは、二人の妖主の思いを受けた上でのチェリクさんの最後まで彼女らしい、母の愛の表現。チェリクさんらしい、いかにも男前で、カラリとした最期は、このお話のハッピーエンドを予感させて、なかなか意味深です。

    ラスは別に、いい子いい子の正義のヒロインじゃなく、権力を行使する欲求も、狡さや身勝手も、一人の人間らしく、また魔性らしく抱えていて。その上でプラスマイナスあっての、これまでどおりの世界を望む優しさを持ってること、お母さんは見抜いていたんですね^^

    ちょっと展開はね。遅いのでもどかしいです。14巻は評判いいけど、飛ばして読んでもこのぐらい類推して、15巻のレビュー書けちゃうんですから。単行本の単価考えると、購入されてる方は、ちょっと切ないですかね。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.06.23

  • rant

    rant

    もう少し中身ください。
    ここんところ、本編が短編っていうじつにコストパフォーマンスの
    わるい出し方してくれていますぜ。

    外伝集は外伝集でだせるだろうに。

    多分に、遅筆も原因なんだろうけど。

    ・・・の、わりに外伝がこれだけあるってのはわかんないなあ?

    クライマックスが長くて長くて。いろいろ飛ぶしねぇ。
    息切れしてきたよ。
    続きを読む

    投稿日:2013.03.30

  • うがが

    うがが

    このレビューはネタバレを含みます

    ラスは何もやってないけど話がどんどん進んでいってるなぁ。
    赤男、そういうわけだったのね。
    普通の人間として…って、両親も弟もそんな風だったかなぁ。すくなくともラスはそう思ってないと思うぞ…
    次は最終決戦かな。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.03.20

  • 永杜

    永杜

    またしても、ヒロインの出番が少ない!
    しかしヒーロー(?)とはようやく会えた。
    殴りたい、の感情ばかりですがw

    という事は『姉』は縛りがなくなった、と。
    動ける人物が徐々に増え、1人退場。
    やっと合間見えた眼福さようなら。

    そしてやっぱり入っていた外伝。
    懐かしの少女がいます。
    それは嬉しい。
    んがしかし、もひとつおまけがついていて
    そちらは漫画…無理がある設定に。
    赤男が先輩…いあいあ、あれを先輩にしたくない。
    しかしあれが先生ポジションについてるのはもっと無理がある。

    やはり言える事は、もちょっと中身下さい。
    続きを読む

    投稿日:2013.03.18

  • 彩月

    彩月

    このレビューはネタバレを含みます

    ラスちゃんにセーラー服着せたいとは言ってたけどガチで公式になるとは思わなかった!
    あと茅菜ちゃん久しぶりで!赤男も好きな子相手には反省するんだなぁと。
    そしてこれも前々から言ってたけど本当に跪きおったああああ!!と個人的にハスハス加減では満たされました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.02.16

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。