しずかの山(2)

愛英史, 松本剛 / イブニング
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
1
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • polyhedron

    polyhedron

    第2巻はアンナプルナ初登頂の謎を扱っていて,『神々の山嶺』がテーマとするエベレスト初登頂の物語とかぶる。
    『神々の山嶺』がきっかけで,『岳』『孤高の人』と読んできた山岳漫画だけど,この『しずかの山』も良い作品。続きを読む

    投稿日:2016.05.16

  • ブディマン・きゅうべえ・グルン

    ブディマン・きゅうべえ・グルン

    「岳」の大ヒットの陰に隠れているが、個人的に注目している登山漫画。
    この2巻では『真実の山◆アンナプルナ』編が完結している。

    ネパール・ポカラから仰ぎ見るアンナプルナは神々しいまでに美しい。
    一方で、その美しさを構成する急峻な岩壁は、登山者に高いリスクを迫り、kラーマウンテンと仇名されている。

    また、初めて人類が登頂に成功した8,000m峰としても有名なアンナプルナであるが、エルゾーグが本当に登頂に成功していたかどうかは疑問の余地があるとされている。
    それを確かめるために、若き日本人クライマーが挑戦するのが、本編のストーリー。

    ヒラリーよりも先にマロリーがエベレストの山頂に立っていたのではないかという疑問をテーマにした「神々の山嶺」と似たモチーフだが、読後の印象は大きく異なる。
    続きを読む

    投稿日:2011.05.10

  • monarc

    monarc

    相変わらず松本剛は顔で語るのがうまいなあと思う。そして何かに縋り付く人間を描くのがうまいなあと思う。

    投稿日:2011.02.18

  • hisashi0621

    hisashi0621

    「岳」と同じように登山者の死を扱うけど… 岳とは対照的で非常に暗いですね。主人公が友人を失くしたことが根底にあることが、今回の内容から分かる。でもこういうのもなかなか面白いと思う。

    投稿日:2011.01.10

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。