夢の原色

森村誠一 / 講談社文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • takeshidesuyo

    takeshidesuyo

    指一本触れることなく言葉を交わすだけで官能の極点に達する。性犯罪が専門の刑事新開征記(しんかいせいき)と高級コールガール棚川貴代子(たながわきよこ)の倒錯した関係は、新開の少年時代、憧れの美少女が凌辱されるのを傍観するしかなかった屈辱に起因する。風俗嬢殺害事件から性の深淵へと踏み入る野心的なエロティック・ミステリー。



    なるほどなぁ・・・
    ってところですね。
    やはりこの世には男と女が存在し、いつの時代もそのことだけは不滅ってことでしょうか。。。
    不思議ですよねぇ??
    DNAにそれだけは生物すべて強くインプットされてるわけですものね・・・
    人間の不思議だ!?
    続きを読む

    投稿日:2010.02.01

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。