乳房の殺し屋

胡桃沢耕史 / 光文社文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 出雲一寸

    出雲一寸

    読書録「乳房の殺し屋」3

    著者 胡桃沢耕史
    出版 光文社

    p113より引用
    “どこの国でも、スチュワーデスには、最上
    の美人を揃えていることは間違いない。飛行
    機は、外国から外国へ飛び、外国人の客を迎
    える。いわば、外国の人にまずその国を認識
    させる、最初の機関になる。彼女らは私設の
    外交官だ。”

    目次から抜粋引用
    “拳銃に生きる女
     殺しの信用取引
     ワルサーこそ我が恋人
     謀略の柔肌
     拳銃姉妹”

     殺し屋たちを主人公とした、短編小説集。
     数々の著名人たちが入居する高級マンショ
    ン、そこには一人だけ、誰にも正体が分から
    ない美女が住んでいる…。(拳銃に生きる女)

     上記の引用は、ある話の冒頭での一節。
    人は見た目が9割というタイトルの本があり
    ましたが、ことスチュワーデスに限ってはピ
    タリと当てはまるようです。
    外国語での会話や接客能力は、後から学ぶこ
    とが出来ますが、容姿は生まれ持った才能な
    ので、どうにもしようがないですね。
    最近は整形手術が随分と一般化しているよう
    な雰囲気ですが、本気でスチュワーデスを目
    指すのならば、手段の一つとして必要なのか
    もしれませんね。
     気軽に読める良い一冊です。

    ーーーーー
    続きを読む

    投稿日:2014.10.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。