六白金星・可能性の文学 他十一篇

織田作之助 / 岩波文庫
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
3
2
0
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • 蓮子

    蓮子

    「女の橋」「船場の娘」「大阪の女」「アド・バルーン」「世相」「可能性の文学」は角川文庫で
    既読。「表彰」をはじめ、既読の作品に見られる大阪に住む人々の暮らしぶり、市井の様子がまるで絵巻物のように広がって目に見えるようです。特に「アド・バルーン」の中に描かれる、犇めく夜店、灯る明かり、賑やかな界隈は幻燈映写機が映し出すよう。いかに織田作之助が大阪に愛着を持っていたかが窺われます。「六白金星」の主人公、楢雄の性質や気性のせいか、何か不思議な感じのする作品。「競馬」は読んでいて何となく寺山修司を思い出しました。ラストの競馬のシーンはスリリング。連作の「女の橋」「船場の娘」「大阪の女」は何度読んでもいい作品だなと思いました。特に「大阪の女」の、娘の葉子と島村が駆け落ちするとなった場面で、葉子の母である雪子が、若い2人の理想を、夢を信じようと呟いたシーンは感動的。雪子もまた想い人と結ばれなかった過去があるからこそ、出てきた言葉だと思うと切ないものがあります。続きを読む

    投稿日:2020.04.11

  • 芳梅

    芳梅

    ○目次
    道なき道/髪/表彰/女の橋/船場の娘/大阪の女/六白金星/アド・バルーン/世相/競馬/郷愁/二流文楽論/可能性の文学

    人のリアルと可能性を描く織田作之助文学。変に飾ってない素の人間が見えるので、夫婦善哉に続けて一気に読みました。続きを読む

    投稿日:2020.01.16

  • blue moment

    blue moment

    0077.織田作之助『女の橋』①2017/1/29
    0078.織田作之助『女の橋』②2017/1/29読了

    「六白金星・可能性の文学 他十一篇」より

    収録作品
    ①道なき道
    ②髪
    ③表彰
    ④女の橋
    ⑤船場の娘
    ⑥大阪の女
    ⑦六白金星
    ⑧アド・バルーン
    ⑨世相
    ⑩競馬
    ⑪郷愁
    ⑫二流文楽論
    ⑬可能性の文学
    ⑭可能性の「織田作」佐藤秀明
    続きを読む

    投稿日:2018.12.12

  • Στέφανος

    Στέφανος

    道なき道

    表彰
    女の橋
    船場の娘
    大阪の女
    六白金星
    アド・バルーン
    世相
    競馬
    郷愁
    二流文楽論
    可能性の文学

    著者:織田作之助(1913-1947、大阪市天王寺区、小説家)
    解説:佐藤秀明(1955-、神奈川県、日本文学)続きを読む

    投稿日:2018.10.28

  • 愛と幻想

    愛と幻想

    大戦前後の短編と文学論。短編は感触がとても良く好感度高め文学論に関しても共感度高め。志賀直哉はいい書き手だと思うけど指摘していることは正しいように思う。当初文学に抱いていた違和感がうまく書かれていたように思う。ここからいろんな本を読むことができる。いい感じで小説読む気分にさせてくれるそんなテキスト群続きを読む

    投稿日:2017.12.18

  • smatoga

    smatoga

    上手いなぁ。世相、郷愁の戦後間もない時代の匂いの出し方とか、女の橋、船場の娘、大阪の女と続く明治大正昭和の三世代の悲哀とか。上手いなぁとしか言いようがない。
    混沌として何を信じたらよいのやらとんとわからないという風の世相、郷愁は面白い。郷愁のなかにも赤子の泣き声の話がでてくる。オダサクのなかで、通低音として、聴こえていたのだと思う。
    きょとんとした目という表現もまた印象深い。「それはもう世相とか、暗いとか、絶望とかいうようなものではなかった。虚脱とか放心とかいうようなものでもなかった。」とその目を評する。

    競馬のもつギャンブルの魔的な魅力、ラストのカタルシスは、構成力の妙だと思う。馬と一緒に走り去るように、一気に読ませる。

    夫婦善哉とともに、手元に置いておきたい一冊。
    続きを読む

    投稿日:2015.07.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。