ひみつの陰陽師8 やっつ、やっとのことで大団円【電子版限定・書き下ろしつき】

藍川竜樹, みずのもと / 集英社コバルト文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
1
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 高瀬涼

    高瀬涼

    堂々、完結! 三か月連続刊行とか作者すごくないですか。
    黒幕が誰だかわかり、不穏な動きをしていた河伯の目的もわかり、ハラハラしました。今まで関わった人全員が都の危機にかけつけてくれ、今までの経緯があるから二人はお互いを信じることができたんですね。本当に感動しました。
    神様が嘆いて見捨てようとした世界だけど、大切な人がいるのだから、守りたい。数字が友達の玲雅、最初の頃に比べて本当に人間らしくなりました。
    巻末は、漫画とかその後短編とかあって楽しかったですよ。
    続きを読む

    投稿日:2013.11.16

  • カルルン

    カルルン

    とうとう天つ神と国つ神の争いにまで発展してしまった『ひみつの陰陽師』。
    今回だけはギャグ要員の人たちも持てる能力をフル活用してシリアスに決めていた。

    まあ、大団円と銘打っているだけあって、丸く収まってよかったのだが、ツンデレ先輩が、天然タラシの真澄にブンブン振り回されるのをもう読めないのはとても残念だ。

    この作者は、他者を愛おしく思う気持ちの描写がうまいと常々思っていたが、最終巻でやっと玲雅と真澄が己の思いに素直になれてその真価も発揮できたというものだ。

    まんがとか、後日談とかいろいろおまけつきでなかなか楽しめる。
    特に、『鬼舞』とのコラボがあったのには驚いた。
    『鬼舞』のアイドル《畳》も登場してファンには嬉しいかぎり。
    続きを読む

    投稿日:2013.10.30

  • 本読み隊

    本読み隊

    7巻から連続して一気に読むことをおすすめ
    本編詳細は割愛。本編は、8巻の半分で終わります。

    幸せを見つけてくれて大満足のエピローグ。
    母親相手に今更の赤ちゃんプレイに、吹きだすような、楽しく幸せそうな雰囲気で笑わせてくれながらも、宮と和解し、実光を理解し許そうとする玲雅のラストの言葉は嬉しス。

    おまけの目次
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2900.html
    続きを読む

    投稿日:2013.07.10

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    最終巻です。前巻からの続きの宮様との対決は3/5くらいで終わって、残りはおまけの短編とかまんがとかがあって、最後に近況報告の短編が入ってます。

    宮様は、予想していたとおり、宮様と玲雅が血縁関係にあって、玲雅も「託宣の子」でした。玲雅は宮様との対決では、いやにあっさり自分の体を手放してしまってて、「え!真澄のことはいいの?」って感じでしたけど、離ればなれになってた真澄の元にいうには、この設定は必要だったのかな?

    最終的には、帳尻合わせな感じがしないでもないですけど、宮様とも和解し、真澄と玲雅も結婚ってことみたいなんで、タイトルどおり、大団円ってところでしょうか。

    ただ、結婚しても昼間は真澄で、夜は真子でいて欲しいって、ちょっと我が儘すぎませんか?玲雅さん。陰陽寮のみなさまにはばれていないみたいですけど、このままだと真子と結婚しながら、真澄とも付き合ってるって、両刀遣いの汚名がつきそうな感じがしました(^^ゞ

    あと、宮様と郁子様のその後も見たかったです。あれだけダークな宮様が郁子様の前にタジタジになってるの意外とよかったんだけどなぁ。
    おまけまんがより、そっちの方がよかったです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.04.06

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。