アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者(2)

榊一郎, 梶谷きり, ゆーげん / good!アフタヌーン
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
2
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • manganjii

    manganjii

    ミュセルと陛下の熱い百合がちょうううううううううう最高な2巻でした!!!!!!!だって二人とも幼女みたいで‥幼女があたふたぷんすかしながら仲良くなっていく図かわいいよ‥‥とにかく陛下のミュセルへの愛が‥めっちゃ男前で‥‥すごい嬉しかったです‥陛下がミュセルのこと大切に思ってるんだっていうのがすごい、娘が人を大切にできる子だと実感したときの父親のような気持ちでうれしく、感動しました‥‥。ミュセルがまたかわいいから‥ミュセル厨だからこそ今回の陛下のミュセルラブ(すごいかっこいい)にぐっときたのかもしれません。とくにミュセルは陛下にきらわれてると思ってたから‥実はそんなに大切にされてたなんて!!みたいなハーレクイン的な‥クソときめく‥きれいなおねーさん(ハーフエルフ)を男前に救う幼女(最高責任者)ってほんと‥MOEのBAKUDAN
    ストーリー的にはいよいよ侵略者っぽくなってきましたかね?榊先生の原作なのでこのへんの社会派っぽい大筋はどう展開してくのか楽しみにしてます。自衛隊っていうところが、現実にも存在する組織なのでどこまでどう書くのかなって感じです。原作読みますね‥
    続きを読む

    投稿日:2013.11.16

  • どっこいしょ

    どっこいしょ

     文化がもつ危険性が示された第2巻。サブタイトルである「萌える侵略者」の意味がハッキリとし、物語として面白みが増した印象を受けました。

     文化侵略の恐怖。ファンタジー世界といえどバリバリの封建社会であるエルダント帝国。今回はそんな固定されてしまった文化に多様な文化が触れた時、どんな負の感情が生まれるか描写されていました。現代社会でも文化圏の違いからいざこやが絶えません。日本でだってオタク文化が地域活性化によいからといって流行し、今まであった町の風景や祭りの形が変わったりと問題も少なからずあります。そうした文化侵略で起こるであろう争いをこの作品ではしっかり描いているのが好印象です。人がまったく違う文化に触れた時、それを楽しいと受け入れる人、恐怖により拒否する人は絶対にいる。そうした部分を封建社会を利用してうまく描いているなと思いました。文化侵略の恐怖を抱く人々にどうやって文化を伝えていくか。日本サイドもなかなかのきな臭さも醸しだすなか主人公であるシンイチがどう出るか楽しみです。

     物騒な話もちょいちょい出始めた中、完成した学校がどういった結果を生むのか。シンイチ自身のトラウマも表に出しつつこれからもうまく進行していって欲しいな。
    続きを読む

    投稿日:2013.10.13

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。