アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者(1)

榊一郎, 梶谷きり, ゆーげん / good!アフタヌーン
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.2
0
2
3
1
0
  • 作者と相性のよさそうな漫画

    榊一郎 先生の作品はコミカライズと相性がいいので、期待のできる作品です。
    気になったのは原作と話の順番が違う箇所があったり、ストーリー展開が早すぎる。
    読みにくくはないが、もう少しゆっくりでいいと思う
    絵については原作のゆーげん先生の挿絵を見てしまっていると画力に難あり。少女マンガ風のタッチかつ粗が目立ちます。
    しかし、漫画のよさというか心理描写が繊細で萌えました。これで絵がよければ・・・

    続きを読む

    投稿日:2015.05.13

  • 若干幼めな設定かも

    おたくニートが就職活動したら『異世界におたく文化を広める仕事』を押し付けられた的は話
    まんざらでもなく異世界の空気にも徐々に馴れ、人間関係を作っていく。
    若干、幼めな設定からか子供っぽいマンガ感は否めないが話の内容は面白くて満足♪続きを読む

    投稿日:2015.09.05

ブクログレビュー

"powered by"

  • こにー

    こにー

    このレビューはネタバレを含みます

    原作は未読。キレイで可愛い絵だと思う。ペトラルカがアニメより少しだけ大人びた姿って印象。みのりさんが可愛い。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.05.26

  • R

    R

    筋金入りのひきこもりのオタク青年が、オタクであることを見込まれて親善大使的なものに抜擢される。しかも、相手は亜人種やらクリーチャーやらがいる異世界の王国。いきなりカワイイ召使がついたり、ツンデレのお姫様が出てきたり、どうもこの世界観はついていけませんでした、、、。このへんのラノベ(のコミカライズ)を読んでいると、演者とファンの間のお約束事で盛り上がる、小劇場の演劇を見せられている時の置いてけぼり感を思い出す。続きを読む

    投稿日:2014.09.14

  • aktio

    aktio

    オタクの力で・・・という内容。

    根幹ストーリーはやや使い古された感があるが、英雄展開はやはいいい。肝心の絵がイマイチ時代を超越しているのがマイナス。ハーレム展開がもう見える・・・

    投稿日:2014.02.01

  • どっこいしょ

    どっこいしょ

     TVアニメ化するし、原作が榊先生ですから安定して買いかなと思い購入。とっつきやすさといい、異世界のなかでも入り込みやすい要素がたっぷりあるので受け入れやすい作品となっていました。

     目的と手段。最初に異世界でのオタク文化の流布を目的と定め、その手段を今までオタクとして苦い経験がある主人公が考えるというわかりやすい入り口があるため非常に取っ付きやすいです。また、異世界は既存のファンタジー世界を引用しているため様々な作品を見ている身の人にとってはこれまた受け入れやすい構成です。こういった要素の配置はさすがの榊先生。マンガのほうも心理描写のコマ説明のコマ、それぞれストーリーを邪魔していないぶん面白くなっている。特に慎一の表情の落差は好きですね。様々なことに一喜一憂しているのが実にいい。やはりわかりやすい目的と手段をもっている作品はすんなり頭のなかに入ってきて好きです。

     原作のほうを読んでいないので比較はできませんが、非常にマンガ版のほうは満足いく出来です。キャラ立ちが出来ない分、面白いコマ割り演出で進行していってほしいです。
    続きを読む

    投稿日:2013.09.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。