わたしに××しなさい!(13)

遠山えま / なかよし
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 2.0
0
0
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • アイネクライネ

    アイネクライネ

    このレビューはネタバレを含みます

    晶をかばって、氷雨に殴られた雪菜。しかし大事には至らず、一安心。

    そして、ようやく時雨&氷雨の父が初登場!
    (時雨の実父ではないだろうが、間違いなく氷雨の実父ではある‥ハズ。)
    なんか若くて、髪型が定まってない父ちゃんだ>笑

    「黒いラブ」だの言ってたわりに、結局氷雨もフツーの男子と変わらんな~ということが判明。ただのツンデレ純情野郎?本当は優しくていいヤツかもしんない。┐(´∀`)┌

    晶とマミの急接近にも動じない雪菜に対し、氷雨は「心がない」と非難する。それはとても残酷で、知らずに人を傷つけているということも…。

    久々の電話で、ようやく時雨に謝ることができた雪菜。
    氷雨に責められたことで落ち込む雪菜に、時雨は「おまえが感じるのはオレだけだ!」「おまえ… オレが好きだろ」と雪菜の本心を言い当てる‥が、雪菜は晶を恋人に選んだこととの矛盾を感じて悩み始める。
    けれども時雨にそんな想いは伝わらず……。
    (というか、この期に及んでまだ悩んでる雪菜が全面的に悪いんだけどサ;)

    なにやら思惑あって、雪菜に内緒でマミと付き合うことになった晶。
    それを知った氷雨は、キレた勢いで(?)現実と小説を混同したような雪菜の考え方を、再度「マジで心がない」と否定する。(←いや~、よくぞ言ってくれたよw)

    現実と小説の境界も自分の気持ちも分からなくなった雪菜は、氷雨に連れられ、別荘にいる時雨に会いに行くが―!?

    次巻はもっと進展あるといいなあ。\( ̄~ ̄;)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.10.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。