盾の勇者の成り上がり 1【電子版書き下ろし付】

アネコ ユサギ, 弥南せいら / MFブックス
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
2
3
2
0
0
  • 自分では戦えない勇者の話

    主人公は4人の勇者の一人として異世界に召還されてきますが、装備している勇者の盾のせいで他の武器を装備できません。
    裏切りによって汚名を着せられ、名声とお金を失った主人公は格安で奴隷を手に入れて、その奴隷(病気&パニック障害持ちの10歳程の亜人の少女)を戦わせることでパーティとしての経験値を入手しようとします。
    1巻はこの奴隷の少女と主人公の経験値稼ぎを軸として進められていきます。

    裏切りに合うまでの1人称では主人公はお人よしに描かれていましたが、裏切り後は重度の人間不信としてしたたかに振る舞っています。
    奴隷の少女の体調が思わしくないときには調合した薬を与え、食事の際には少女が食べたそうにしていたものを用意する。
    そこには優しさではなく、自分が戦う代わりの存在が万全な状態であるように整える行為として描かれていますが、生来の優しさがにじみ出るように感じられました。

    紙媒体が新書サイズであるためか価格が高めに設定されているのが玉に瑕ですが面白い作品でした。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.31

  • ハーレムじゃないのが好感

     ファンタジー小説は結構ハーレムぽいのが多いのですが、この作品はダークな部分も
    あって楽しめます。
     主人公は盾の勇者です。壁役で最初は不遇職ですが、あとあとはチートのように強いです。
    ストーリーは完結しているので未完で終わる心配なしです。
    続きを読む

    投稿日:2014.06.01

  • ヒロインはマジで奴隷

    「小説家になろう」というサイトで連載されていた小説を商品にしたものです。いわゆる「なろう」系です。つまり、MMORPGの世界へ異世界転生して、露骨にレベルやスキルという概念があって・・・という話です

    なろう系は結構読んだのですけど、本作品はトップクラスの面白さだと思います。ちゃんと完結して、話しが閉じたのもいいですね。「小説家になろう」版を全部通して読んだ評価は4.5くらいでしょうか。

    さて、本巻はナオフミが盾の勇者として召喚されて、いきなり試練に遭ってすっかり性格がひねちゃって、という話です。雑草から這い上がるのです。でもって、目つきも悪く、周囲の誰も信じられなくなり、憎しみの感情のあまり物の味も分からなくなった主人公は、なんと女の子を奴隷として買ってしまうのです。そこら辺からヒロインに凍てついた心を溶かされるくだりはとても感動的です。この巻が一番面白いかもしれませんね。とても工夫のあるストーリーでした
    続きを読む

    投稿日:2015.10.11

  • Webは最新まで読みましたが、購入したのですぞ

    あーラフタリアが、かわいいんじゃー。
    イラスト見てなんか東京レイヴンズの飛車丸を思い出した。

    作者に読ませていただいたお礼も兼ねて9冊一気に購入しましたぞ。

    投稿日:2015.04.12

  • 7巻まで読んで

     よくある異世界召還ものだけど、珍しい点としては主人公の装備が盾に固定されていて攻撃力が皆無なこと。経験値、レベル、スキルなどの概念があるMMORPGの世界みたいなのが舞台となる。序盤から不遇な扱いを受けて急激に心が荒んでいく主人公には同情を禁じ得ない。この巻は主人公がどん底に突き落とされて、もがきながら少しだけ先に進む、ってところまででしょうか。

     非常に読みやすくストーリーもわかりやすいのだが、いかんせん改行が多すぎる。句点のたびに改行してないかと思うほど。それほど多くないページ数の上改行が多いのですぐに読み終わり、値段が高めなのも相まって微妙な気分になる。そして2巻以降は最初の20ページぐらいを前回までのあらすじと主人公の自己&仲間紹介に費やすので、もうそれはいいよって思う。
     ただ先が気になるので買ってしまう。おそらく最後まで読む。おもしろいから。
    続きを読む

    投稿日:2016.07.02

  • 獣人少女が可愛らしい

    異世界に勇者として召喚されるも不人気な盾で周りから蔑ろにされた挙句に騙されて犯罪者扱いを受ける主人公。
    武器を装備できない仕様の為に仲間に攻撃してもらわなくてはならないのに人間不信に陥り犯罪者扱いされることで仲間ができない主人公が取った方策は絶対に裏切れない奴隷を買うと言うもの。
    闇に落ちた心は死んだらまた買えばいいくらいの感覚で獣人幼女を買って鍛えることにしたのですが、この出会いが後々に重要になっていきます。
    この獣人幼女が可愛らしいことw
    こちらも人間不信っぽいのですが年相応の反応をしていてやさぐれ主人公の言動を中和してくれてますねw
    いい娘買ったなとほのぼの主従になるかと思ったらまさかの展開がw
    続きを読む

    投稿日:2019.05.12

ブクログレビュー

"powered by"

  • 薄螺羽蜻蛉

    薄螺羽蜻蛉

    このレビューはネタバレを含みます

    数多ある異世界+ゲームものの一つ。
    いきなりイケメン主人公が何人も出てきた時にはかなりの不安を覚えたが、少し読み進めると結構面白くなってきた。
    まだ序盤だし、今後どんな方向に話が進むか不明だけど、序盤の流れを読んだ限りでは、かなり期待したい。

    読了。なかなか面白かった。
    続きに関しては、胸糞悪い三勇者や王、王女の扱い次第かな。
    ゲスに凹まされ、見返すって流ればかりになると辟易してきそうだ。
    物語のタイプ的に、善人ばかりって流れにはならないだろうし、毒とカタルシスのバランスが気になる。

    ラフタリアに関しては、とりあえず変な名前で覚えにくい。語呂が悪いし響きも良くない。
    あと、10歳児に戦わせんなよ、とか思ったけど、育ったら育ったで残念。
    父性愛が好きなんで、子供のまま保護してて欲しかった。
    まあ盾の勇者は戦えないから、子供をただ保護してるだけじゃ話が進まないんだけどね。
    それでもなあ、育っちゃうかぁ。うーん。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2015.10.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。