【感想】Repeatability リピータビリティ ─ 再現可能な不朽のビジネスモデル

クリス・ズック, ジェームズ・アレン, 火浦俊彦, 奥野慎太郎 / プレジデント社
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
1
0
2
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 清水 敬大

    清水 敬大

    先日読んだ創業メンタリティに続いて読了。内容的には創業メンタリティの前に書かれた本。

    再現可能な不朽のビジネスモデル構築のための3原則を掲げており、その内容を多くの例示を用いて説明するもの。

    主張としては、
    ・顧客からの声を如何に拾うか
    ・複雑性の排除
    等、創業メンタリティと内容は似ている。

    個人的には第6章の単純さの勝利というところに非常に共感。やはり結局仕事は誰の役に立つのか?という点に全て帰着すると思う。それに寄与しない内部プロセス・報告は全て無駄な仕事という本書の主張には激しく同意だし、そのような仕事をしている人の方が仕事に対する満足感や誇りが持て、人生も充実すると思う。
    続きを読む

    投稿日:2021.08.06

  • hiddie

    hiddie

    このレビューはネタバレを含みます

    定量分析による提言ではあるが、『ビジョナリー・カンパニー』と同じく、過去の成功企業の後追い感があり、腹落ち感がない。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.04.19

  • m-5314c4da43ad9

    m-5314c4da43ad9

    残念ながらどうすれば「再現可能」なビジネスモデルを構築できるかは分からなかった。印象に残ったのは『譲れない一線』と『複雑性の排除』。単純なことだけど実践し継続するのは難しい。私もここは意識して実践していこうと感銘を受けた。続きを読む

    投稿日:2014.03.04

  • ohno55

    ohno55

    企業が持続的に成長するにはどうすればよいか?

    長期的な成功は、魅力的な市場の選択ではなく、持続的な改善と適応の効果を生かして学んだことや優位性をビジネスの基盤に組み込むことで得られる。

    つまり「どこで戦うか」より、「どう戦うか」の方が重要である。

    持続的成長のカギは、「再現可能な不朽のビジネスモデル」

    1.明確に差別化された強力なコア事業
    2.絶対に「譲れない一線」の顕示
    3.循環型学習システム
    続きを読む

    投稿日:2013.06.29

  • Masa

    Masa

    ■Repeatability

    A.調査によれば、長期的な成功は、魅力的な市場の選択ではなく、持続的な改善と適応の効果を生かして、学んだことや優位性をビジネスの基盤に組み込むことで得られる。
    すなわち、「どこで戦うか」より、「どう戦うか」の方が重要である。

    B.持続的成長のカギは「再現可能な不朽のビジネスモデル」であり、その基本原則は、次の3 つからなる。
    1.明確に差別化された強力なコア事業競合企業に対して、明確に差別化することによって、競合とは異なる収益性を実現する。
    2.絶対に「譲れない一線」の顕示譲れない一線とは、戦略をぶれない意思決定と行動へ移す際の原則のこと。これが明確であれば、戦略がより単純に理解され、経営陣と現場の社員との距離も短くなる。
    3.循環型学習システム事業全体の学習と継続的改善を促すためのシステムを充実させる。

    C.再現可能な不朽のビジネスモデルを構築しても、失速することがある。その理由は、次の2 つである。
    1.コア事業のフォーカスを失う。
    2.迅速な適応に失敗する。

    D.現代社会は複雑性を増し、変化のスピードは速まる一方である。こうした環境においては、「単純さ」を心がけること、すなわち事業をシンプルにしておくことが強力な優位性となる。
    続きを読む

    投稿日:2013.02.09

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。