ビブリア古書堂の事件手帖(3)

ナカノ, 三上延, 越島はぐ / ヤングエース
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
2
2
1
0
0
  • 優しい嘘

    前巻からの続きで、坂口夫妻登場。ここまで来ると清々しいくらいのラブラブっぷりが炸裂します。
    謎解き後も奥さんの無邪気さが良いなあと思ったり、優しさにじんときてしまったりで、
    本の分量的にはまだ3分の1だというのにお腹いっぱいな感じ・・だったのですが。
    問題はこの後!シリーズ最大の山場に突入します。3巻から4巻にかけては一気読み必至。
    衝撃の事実が明かされ、それまでの雰囲気からすると全く予想外の、手に汗握る展開に・・・!
    続きを読む

    投稿日:2015.01.13

ブクログレビュー

"powered by"

  • izzy

    izzy

    このレビューはネタバレを含みます

    五浦大輔がビブリア古書堂で働き始めて
    三週間が過ぎた。坂口夫妻から別々に
    「買い取り」と「買い取りの中止」を
    依頼された一冊の古書「論理学入門」だったが、
    この本にまつわる夫婦間のある「秘密」を、
    入院中の栞子がついに解き明かしてしまう。
    そしてこの一軒を機に、大輔は栞子から
    入院の真実を打ち明けられて・・・。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.09.26

  • アイネクライネ

    アイネクライネ

    このレビューはネタバレを含みます

    ※1~3巻までの感想をまとめてこちらに。

    大人気小説のコミカライズ。大輔じゃあないけど、私は小説をさくさくっと読める方ではないので、マンガを読んでみることにしました(^∀^)
    栞子さんがとても可愛いですねv

    『漱石全集』の回も『落ち穂拾ひ』の回も、なんだか切ない話(;´Д`;)
    『論理学入門』の回で、ようやくあったかい気持ちになれた気がします。隠れてた謎は、これまでで一番重かった気もしますけど‥ね(⌒~⌒ι)
    でも、坂口夫妻は見てて癒されました。私も、しのぶさんはバカなんかじゃなくて、むしろ賢いしデキた女だと思いますっ!

    なんか閑散としてる店のイメージだったけど、事件解決後に、それまで関わった人たちが古書堂に立ち寄ってくれるようになったのが、なんかいいね♪

    ただの骨折にしては入院長いなぁ~と思ってた栞子さん。
    単なる事故じゃなくて、誰かに突き落とされただなんて‥そんなおっそろしーことがあったんスか( ̄□ ̄;)!

    志田さんが『晩年』復刻版の話題に触れて、じゃあ本物はどこに?って流れになった時から、まさか男爵(笠井)=大庭なんじゃ‥!?と私も思ったけど、やっぱ本当にそうなのかな(?д?)

    続きが気になるーっ!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.09.07

  • tonpei

    tonpei

    前の巻でも思ったけど、坂口の妻が原作より老け過ぎている気がする(--;) でもカワイイ!!(*^^*)こんな奥さん欲しいなぁ♪プライバシーはダダモレですが(^^; 話はいよいよ「晩年」に!栞子さんが危ない!!続きを読む

    投稿日:2013.08.24

  • NAUGHTY

    NAUGHTY

    「論理学入門」に纏わる坂口夫妻の秘密を栞子さんが見事な推理で解決。
    次は太宰治の「晩年」を巡って栞子さんが何者かに階段から突き落とされて怪我をして入院に至ったら真相に迫る。せどり屋の男爵が怪しい。

    投稿日:2013.08.18

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。