本田宗一郎本伝 飛行機よりも速いクルマを作りたかった男

毛利甚八, ひきの真二 / 小学館
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
4
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kuma-kichi

    kuma-kichi

    本田宗一郎さんの技術へのこだわり、探究心。
    失敗を糧に、さらに良いものを生み出す。そんな気概というか、
    本能があれ程までの一大企業をなす礎になったんだと、大変興味を持って読み進みました。

    投稿日:2013.09.03

  • かりんとう係長

    かりんとう係長

    本田宗一郎の技術と藤沢武夫の経営の両輪でバイク、四輪で世界的企業を創りあげた。
    宗一郎の情熱やこだわりはもちろんのこと、藤沢の技術と経営を分離して技術者がチャレンジし失敗できる環境を作るべきだという組織機構改革は目を見張るものがある。

    管理部門で働くものにとって、いかに技術やアイデアをお金に変える力が大切かがわかる。
    持続可能な競争力を持つことで社会にずっと貢献していくことができる。
    続きを読む

    投稿日:2013.08.17

  • foxhound

    foxhound

    本田総一郎の頑固さ、職人気質さ、が良くわかる本。537とページ数は多いですが、漫画なのでサクサク読み進められる本です。

    スーパーカブが世に溢れてた時代があったなと少し懐かしくもなります。

    ホンダ車に乗りたくなりますね。続きを読む

    投稿日:2012.08.06

  • 竜子

    竜子

    分厚い伝記なんですが、実はこれマンガです。
    時代を感じるタッチで、とても読みやすかったです。ホンダジェットの実現においても興味深い。

    投稿日:2009.06.19

  • りょうま

    りょうま

    当家にある、原付バイク、中型バイク、自動車ともにホンダ製です。”夢の力”を教えてくれる本田宗一郎さんの伝記です。社名に自分の名前を冠したことを悔やんだり、会社に自分の家族を入社させなかったり、社長室を作らなかったり、・・・。どれも、凡人には出来ない発想です。(あまたいる政治屋さんにつめの垢を煎じて飲ませたい!)もう、こんな偉人の出現を望むのは難しいのでしょうか。本田宗一郎と同じ日本人であることを誇りに思います。続きを読む

    投稿日:2008.05.05

  • ryotan74

    ryotan74

    ホンダイズムという言葉を聞いたことがある人はおそらくたくさんいるだろう。

    技術者として夢をもってバイクや車の一流メーカーであるホンダを生み育てた本田宗一郎さんの一生を分かりやすくマンガで書いたもの

    ホンダという会社がどのようにして今に至るのか、松下と並ぶ技術者、本田宗一郎とはどのような人物であったのかがよく分かります。

    技術立国を目指す日本のパイオニア的存在であるホンダを知ることは日本の戦後技術史を知ることに近いのではないかと思います。

    マンガなので手軽に読めます。

    夢を持っている人、夢を忘れかけている人、技術者を目指す人はぜひ読んでみてください。競争競争と焦らされている昨今に熱い気持ちを思い出させてくれるでしょう。
    続きを読む

    投稿日:2007.12.24

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。