約束の日 安倍晋三試論

小川榮太郎 / 幻冬舎文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • H.Sato

    H.Sato

    安倍の戦後レジームからの脱却は愚直なまでの理念政治だった。
    敵味方を含め、誰にとっても全てが未知だった。そして政治的朝鮮とはいつでもレコンキスタ(失地回復)に他ならない。失われた価値の回復への衝動こそが政治的な情念の始原である。続きを読む

    投稿日:2013.10.31

  • haru2012

    haru2012

    第一次内閣、戦後レジームに無謀極まる戦いを挑み、官僚とマスコミを敵に回して壮絶な戦いを展開し、道半ばで横死した。

    安倍叩きは社是。。主たる情報源はマスコミでしたから、バッシングの結果しか知り得なかったわけか。状況は変わったのだろうか。続きを読む

    投稿日:2013.09.16

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。