ブータンしあわせ旅ノート

岸本葉子 / 角川文庫
(10件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
2
3
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちぃ

    ちぃ

    ブータンに行きたいなぁ〜という思いから手に取った。短い滞在ながらも深い洞察されてるように見えるのは著者の力と、ブータンでの体験がそれだけ鮮烈だったのだろうなぁと。

    投稿日:2020.02.14

  • machinobu

    machinobu

    1989年のブータン。
    素朴で純情なブータンの人々。
    厳しい自然の中でも、人々の生活は続くのですね。
    近年、近代化が進むブータンですが、人々の気持ちは変わらないことを願います。

    投稿日:2016.04.02

  • 奈央(@azuminyan)

    奈央(@azuminyan)

    このレビューはネタバレを含みます

    ブータン。
    あまり馴染みのなかった国だったけれど、
    第五代国王が王妃を伴い、東日本大震災被災地を訪問したことが
    ニュースになって、少し身近になったことだった。

    それ以前に、岸本さんがあれこれ気になり、
    10年経ってようやく訪れることができたブータンの旅エッセイ。
    ブータンの都市部や農村部の様子や、出会う人たちのこと。
    ガイドのペマさんのことが、丁寧に書かれていました。

    最後の章でブータンで生まれ育ち、教育を受けて、一度も国を出たことのないけれど、観光客ガイドをしてる通称ペマさん(男性)の言葉を岸本さんが記したことが、心に残りました。

    『日本に帰ったらブータンのことを人に話す機会があるだろうけど、すべてがよかったとは、けっして言わないでね。
    僕はこの国に生まれて幸せだし、誇りに思うけど、外国に比べたら、いいところも悪いところもあるでしょう』

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.12.03

  • しんじつ

    しんじつ

    著者のブータン旅行をとおしてのブータンの人々の様子が興味深い。料理とかお風呂の状況とかの衛生状況を読むとあまり行きたい気持ちにはならなかったが、今はもっと良くなっているらしい。

    投稿日:2012.11.08

  • gotvxq

    gotvxq

    東日本大震災後初の国賓としてやってきたブータン国王夫妻。が来る前にこんな本が出てたのか!幸せの国として知られるブータン。なことは関係なく、単に行きたいからいってみた。って気楽さがいい。ゆーっくり寝る前にあったかい飲み物をお供に読みたい一冊。バター茶は…多分口に合わない気がする。。それでも旅に出たら試したくなるんだろうな。続きを読む

    投稿日:2012.09.29

  • hanakomilk

    hanakomilk

    ブータンには今のブームの大分前から行きたくて、でも何の情報も持ち合わせていなかったのだけど、この本を読む限り、私に行けるか不安になった笑 でもミャンマーもブータンもラオスも変に発展する前に見ておきたいな。続きを読む

    投稿日:2012.09.23

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。