坂道のアポロン BONUS TRACK

小玉ユキ / 月刊flowers
(43件のレビュー)

総合評価:

平均 4.6
23
11
1
0
0
  • これを読んで坂道のアポロンは完結!!

    淳兄と百合香のその後、薫と気持ちがすれ違っていた間の律子の気持ち、律子の父がジャズにはまったきっかけ、千太郎がみんなの前から消えてからの放浪時期、光・千太郎・律子が大人になってからのエピソードと本編で気になるところが描かれていてとても楽しめた。音楽がある限り、3人の関係は続いていくのだと思う。。。
    本編の最後のシーンも素敵だけど、私はこのBOUNUS TRACKの最後のシーンが好き。坂道のアポロンはこれを読まないと完結しない!
    この漫画がきっかけですっかりジャズにはまってしまった。。。
    続きを読む

    投稿日:2015.01.19

ブクログレビュー

"powered by"

  • 愛香

    愛香

    これだけで短編漫画として成り立つような素敵なエピソードだらけ。百合香と淳兄のお話、康太のお話、迎さんの若きころのお話、千が神父になる直前のお話、ぜーんぶ好きでした。最後の薫と律子、みんなのその後のお話もとっても良くて、青春ストーリーのその後なのに、なんて清々しくて素敵なの・・・!続きを読む

    投稿日:2018.08.03

  • 相沢泉見

    相沢泉見

    まず収録されているのは、かけおちした淳と百合香のその後。
    淳は、お嬢様育ちだった百合香に貧しい暮らしをさせていることや、駆け落ちしたことで高校さえ出られず苦労させていることに後ろめたさを感じている。自分と離れた方が幸せなのではないかと。
    一方で百合香は自分を強く求めない淳に寂しさを感じている。
    そんな二人がもう一度手を取り合うまでの話。
    淳兄やっぱイケメンなんだわ。

    千太郎の弟・康太はひそかに律子に想いを寄せている。そんな折、律子と元彼の先輩が揉めているのを見かける。
    本編で律子と薫が一旦離れてしまうけど、あれは誤解だったことがこの話で分かる。

    三話目は、律子父の勉が主役。
    戦時中、そして戦後。大切な仲間を含めてたくさんの者を失い、原爆で瓦礫と化した街の中で、彼は一人の女性に励まされ、ウッドベースを手にする。

    四話目は、失踪した千太郎が辿り着いた島での話。
    海で溺れて死にかけた千太郎は、再び前を向く。

    ラストは千太郎の妹の結婚式。島で執り行うこととなり、皆が集う。
    薫と結婚していて身重の律子や、双子の父となった淳も駆けつけ、最後はやはり、みんなでジャズセッション。
    大団円にふさわしい幕引きでした。
    続きを読む

    投稿日:2018.03.23

  • おーい粗茶

    おーい粗茶

    本編で進行の都合上、描かれなかった主役・脇役たちのエピソードを短編で描いたもので、前日談あり、後日談あり、本編ファンが見たかった世界を、作者自らが描いた2次作とも言える。これを読むと作者の短編のうまさがよくわかり、構成のしっかりした物語を得意としていることがよくわかる。どれも捨てがたいが、百合香と淳一の物語は、本編にとってはもっとも関連性のない話ではあるが、作者と読者が妄想せずにはおれないエピソードで、誰もが満足の一品ではないだろうか。続きを読む

    投稿日:2015.05.02

  • ちゅぐ

    ちゅぐ

    幸せすぎて泣いた。

    すごく良かった。

    みんな幸せになれてよかった。

    勇気が、希望が、いろんな可能性も沢山あふれ、人と人とのつながりの大切さ、あたたかさ、みんなで幸せになろう、諦めないで、くらいついて、みんな同じ思いならやっぱり大切にしないとね。

    もう、いうことなしのボーナストラック&ラストでした。
    ありがとう。
    続きを読む

    投稿日:2015.01.11

  • shin-kick

    shin-kick

    一言で表すと青春jazzマンガ

    坂道のアポロンはテレビアニメではまり、マンガでも読み直したほど気に入っている。
    本編自体はアニメと内容が同じであったが、この外伝はアニメではない部分であり面白かった。

    5つほど短編で入っており、登場人物のやりとりが心温まる
    続きを読む

    投稿日:2014.10.28

  • akuma908

    akuma908

    BONUS TRACKとはうまく言ったもので。より登場人物を掘り下げる短編集。小玉ユキさんは、本編巻末の読み切りからも、短編の上手い人だなぁという印象があったのですが、期待に違わぬよい作品でした。

    投稿日:2013.08.10

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。