GIANT KILLING(27)

ツジトモ, 綱本将也 / モーニング
(36件のレビュー)

総合評価:

平均 4.4
14
14
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • :Pei

    :Pei

    このレビューはネタバレを含みます

    vs千葉戦 決着!

    ガブリエルのクロスに村越が合わせた勝ち越し弾。
    羽田の目に映る椿が始めて観戦した時に見た達海の姿に重なっていたのが印象的。

    チャレンジャーとはどう在るべきか?ETUの面々がその答えを出したようなそんなゲーム内容。

    そして、歩み寄るフロントとスカルズ。
    カベセンの元で塾講師として働く羽田。
    U22の代表に招集される椿。

    代表の重圧に負けそうになりながらも、恩師からの電話で「お前さんが頑張ってくれとるお陰で私達はつながっていられる。(離れ離れになった私達を結びつける魅力があること)お前さんのプレーは知らんうちに沢山の人を幸せにしとるんだよ」という激励の言葉に奮い立つ。
    その後の広島戦は2-0で完勝。

    達海の元を訪れる代理人のリチャード。彼の登場は今後の達海にどう影響するのか?

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.11.22

  • MMD

    MMD

    ジェムユナイテッド千葉との激戦を終え、ETUは次なるステージへ!!そんななか発表されたU-22五輪最終予選代表には意外な選手の名が……!!そして、連戦続く真夏のクラブハウスに、謎の来訪者が現れる!?クラブに関わる者たちが同じ方向を向けばその先に、若き才能の花が咲く。みんなでチームの未来を見つめよう!?(Amazon紹介より)続きを読む

    投稿日:2016.09.22

  • ciel

    ciel

    千葉戦終了、それぞれが一歩前へ動き出す。
    羽田とカベセンの今、フロントとスカルズの歩み寄り、五輪代表選出
    故郷の応援、達海の来季について、今巻も色々詰まってます

    投稿日:2016.07.24

  • clamamus

    clamamus

     千葉戦ではチームが新たなチャレンジを行いながら見事に勝利を得て、その一方でスカルズとフロントの関係修復が行われた夏の花火が挟まれている。そこで、羽田の意外な職業(塾講師)が明らかになったりしつつ、物語はさらにu-22の選出へと進んでいる。
     内容の濃い一冊だった。椿の招集は大きなトピックだが、それ以上に、彼が応援している皆の想いを背負って立ち向かえるようになったことが大きい。ようやく一皮剥けてきたところだろう。
     物語は充実してきている。これからも楽しみに読んでいきたい。星五つ評価である。
    続きを読む

    投稿日:2015.09.23

  • へきくう

    へきくう

    何に驚いたって羽田が塾講師だってことにだよ!高校中退してから資格とって頑張ったんだろうな。フロントとサポーターも距離が縮まったか!? で、椿くん、プレッシャーに弱そうなんだけど大丈夫?

    投稿日:2015.07.29

  • irojama

    irojama

    オリンピック代表が選ばれる巻です。

    あと、サポーター、選手、監督、クラブスタッフ、
    それぞれの立場での視点がさらに描かれた巻です。

    他の本を読むのをまた忘れた…

    投稿日:2014.09.23

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。