ハダカの美奈子

林下美奈子 / 講談社
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 2.2
0
0
3
7
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • itukihanabusa

    itukihanabusa

     家庭環境が悪いから云々という話ではない。
    タレントとして、生活をしなければならないからこの本を書いたと思いますが、美奈子さんに訴えたいことが少なくともうまく伝わっていないことは確かであろう。
     ちょっと内容が薄い。続きを読む

    投稿日:2016.04.17

  • goki a.k.a ケンタ

    goki a.k.a ケンタ

    ビッグダディファンとして美奈子の生い立ちや、半生はあらかた知ることができた。
    だが、断片的に書かれてるのでイマイチ引き込まれる感じが無く、書き方として文中にも出た「ビッグダディの私小説」みたいな書き方の方が読み物としては完成度が高く仕上がったんではないかと思った。

    2015.6.30〜10.23
    図書館
    続きを読む

    投稿日:2015.10.24

  • ドラソル

    ドラソル

    文字通り、ビッグマミーの美奈子が、自身の半生を綴った一冊。

    彼女の父親から虐待された中学時代、ろくに働かない旦那と離婚するまでに5人も子供を作った青年時代、ビッグダディと出会って以降の話、確かに同情すべき部分もあるが、それ以上に自分が流されるまま生きてきたことに対する内省が一切ないことに驚いた。続きを読む

    投稿日:2015.07.12

  • sac416

    sac416

    育った環境って大切ですね、やっぱり。

    ビックダディは出版後に知ったとTVで言っていたけど、作中にビックダディが2ちゃんに書いた自伝的私小説?が99%ホントと答えていたけど、匿名で書いたものを本人の了解なしに本人が書いたことみたいになってるけどいいのだろうか…。

    このネットの私小説の元嫁の方がすごくて美奈子がとってもマシな嫁に思えた。すくなくとも産んだ子供にはちゃんと食事を与えてる。
    続きを読む

    投稿日:2014.07.20

  • みんちゅ

    みんちゅ

    読んでおいていうのも何だが、こんな本、出さないほうが良かったのにというのが正直な感想。
    6人の子どもの為にも、沈黙を守ったほうが好感度が上がったのではないだろうか。
    美奈子さんの成長過程にも問題があったことも記されており、育つ環境の大切さを改めて思った。
    子どもは親を選んで生まれてくることができないのである。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.27

  • aboutflat1014

    aboutflat1014

    最初はビックダディを観ていないかった私にはまったく読めない本かと思ったけど、そんなことはなかった。一気に読めた。内容が薄いといえばそうではあるけど。

    グレてしまった一人の女性の物語としてはこんな人もいるんだと興味深く読めた。
    最近読んだ大阪の子供を餓死させた女性の本と内容が似ているなと感じた。
    こういうどツボにはまってしまう人は父親の愛が足らないのかなと。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。