ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 11

西義之 / 週刊少年ジャンプ
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • スグル日和

    スグル日和

    このレビューはネタバレを含みます

    山の怪イサビに対し、肉体を捧げて上級使者で対抗するペイジ。
    一方、遠隔魔法律で禁魔法律家の根城に潜入した梅吉と七面犬は、今井裁判官救出のために奔走する。

    (ネタバレあり)
    ペイジの身を案じるロージーに、ムヒョが「まがりなりにもアイツはオレの師。最強の執行人(オレサマ)のだぞ??そうあっけなくポックリいくかってんだ」とペイジの無事を確信しているのは、ムヒョの師弟愛が感じられる貴重なシーン。
    ペイジの皆に対する愛情が深くて泣ける。
    命を賭けたペイジと悪魔長の勝利。
    しかし悪魔長の最終奥義、枕言葉が中二病感満載なのが良いですね。
    イサビが「負けは負け」と考えるような奴で良かった。


    切り裂きミック対決。
    これまではムヒョの特大魔法律で処罰して終わっていたが、ミックを倒すのは、「雑草魂」のある七面犬、ロージー、そして梅吉。
    弱虫の梅吉が、仲間のために戦う心「勇気」を振り絞り、遂にミックの刀剣に打ち勝つ!!
    今回みたいに、戦闘とかですごい激しいシーンなのに「勇気とは何なのじゃろう」と考えて答えを出すゆっくり時間が流れる感じの場面好きです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.02.25

  • 森脇たいち

    森脇たいち

    このレビューはネタバレを含みます

     希望を何度踏みにじられても、決して枯れない雑草魂!


     対イサビ、対ミック、そしてリオ先生の救出作戦……! これでもか、と緊迫した場面が盛りだくさんの11巻でした。

     どれも二転三転する戦況に、当時週刊連載で読んでいた方々の興奮はどれだけのものだったのか!? と、単行本で一気に読んでいて思いました。

     ……いやぁ……もう……七面犬と梅吉、本当にお疲れ様でした! ハラハラしっぱなしで読み終えたところに、脱力するネウロとか卑怯です(笑) 

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.02.08

  • ナナギ

    ナナギ

    イサビの強襲に使者を召還し応戦するペイジ。だが発動された魔法律新ルールの影響でペイジの体が!?一方、攫われた今井の救出のため、毒島の遠隔魔法律により「箱舟」が潜む吼千峡へと潜入した梅吉と七面犬だったが!?勇気、とは何か?頑張れ梅吉、七面犬!!続きを読む

    投稿日:2007.08.22

  • 束

    ペイジさん、無事(じゃないけど)よかったー。アニマルコンビが非常に可愛い今回ですが、皆痛痛しい姿になって・・・・。ベッドに縛り付けられたリオ先生と今井さん・・・最近の少年誌ではあのポーズは許容範囲内なんですね。続きを読む

    投稿日:2007.04.15

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。