新装版 ムーミン谷の冬

トーベ・ヤンソン, 山室静 / 講談社文庫
(36件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
9
13
6
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 豆鉄砲

    豆鉄砲

    これまでの冒険活劇とは違った内省的な物語。だからこそ、登場人物たちの一つ一つの言動にフォーカスしやすく、物語を読むうちに自分を見つめ直すきっかけを与えてくれます。

    投稿日:2019.10.05

  • うさぎ

    うさぎ

    冬のお話なので、いつ朝になったか、夜になったのかがはっきりしない物語でした。 でも共感できたのは、ヘムレンさんやモラン。わたしの周りにもいるなぁと思いながら読みました。 誰をも、なにをも凍らせるモラン、自分の考えを押し付けて空気を読まないヘムレンさん。いるいる(笑) トゥティッキの邦訳がおしゃまさんってのが可愛い☆ 「どんなことでも、自分で見つけ出さなきゃいけないものなのよ。そうして、自分ひとりで、それをのりこえるんだわ」名言ですな☆続きを読む

    投稿日:2019.06.12

  • NFCC図書館

    NFCC図書館

    まっ白な雪にとざされたムーミン谷。パパとママといっしょに冬眠にはいったのに、どうしたわけか春がこないうちにたった一人眠りからさめてしまったムーミントロール。はじめて知る冬の世界で彼のすばらしい冒険がはじまった…。(e-honより)続きを読む

    投稿日:2018.12.04

  • kamohon

    kamohon

    いつもは冬眠している季節に目覚めてしまうムーミントロール。みんなが目覚めない中、1人で外に出て冬のムーミン谷を冒険する。
    雪に埋もれたムーミン谷で、他の話よりもムーミントロールが1人成長していくような気がする。そして最後の最後でいつも以上にムーミンママの器の広さ、偉大さを実感する。
    たまたま春の訪れを感じるような暖かい日に読み終わったので、ほっこりした。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.17

  • わしとじょん

    わしとじょん

    冬らしく白いカバーの新装版。
    以下、旧版の感想。

    冬眠できずに冬のムーミン谷を散策するムーミントロールの話。ほかに、物好きのミィが起きてる。
    謎のご先祖様やら、姿が見えないハリネズミ(姿が見えないのになぜハリネズミだとわかるんだか)やら、ヘムル族最強のポジティブ思考でまわりに迷惑をかけちゃったりする若いヘムレンさん(切手や昆虫の人とは違う)やら、いつもの常連じゃない人がいっぱい出てきます。続きを読む

    投稿日:2016.02.09

  • perapera

    perapera

    普段人目に触れないようにひっそり生きているものたちが、冬の世界では、存在感を現す。
    夏を表とするなら、冬は裏の世界。
    どっちもそれぞれの良さがある。

    投稿日:2016.02.06

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。