勇午 フィリピンODA編(3)

赤名修, 真刈信二 / イブニング
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ざじ

    ざじ

    鬼木家の跡取り息子・真次と、息子同然に育った吉弘…坊ちゃんと、自分を育ててくれている家への忠誠を真摯に尽くす男の子、と言うエピソードが堪らない…

    投稿日:2015.04.28

  • aktio

    aktio

    あらすじでオチを入れちゃダメじゃない?

    完結巻。CIAとの交渉はぞくぞくと。で、シオンのお姉ちゃんはイマイチ意味なし。

    投稿日:2013.04.07

  • 柊龍司

    柊龍司

    勇午の交渉、それは依頼人の為だけに動くのではないというのが、人の心を打つのだと思う。これが、最初の依頼人である鬼木氏の為だけに交渉したのなら、最近の金銭目的の弁護士の行動に近いものとなったような気がする。こういう風に人としての筋を通した交渉、生き方が自分にもできればとは思うのだが難しいんだよなぁ。続きを読む

    投稿日:2010.08.29

  • 歌猫

    歌猫

    拷問シーンがない…勇午が偉い人との交渉に行くときに、あんなおしゃれメガネかける必要が一体どこにあるのか…

    投稿日:2010.08.25

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。