ビブリア古書堂の事件手帖(2)

ナカノ, 三上延, 越島はぐ / ヤングエース
(16件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
5
7
3
1
0
  • 甘い話が好きで。

    店の常連客が、女子高生に大切な本を盗まれた?!
    古書店側は本を探すことにしたものの、調査を進めていくうちに青春の苦い一コマが明らかに・・・
    男前なホームレスせどり屋・志田さんの優しさに、不覚にも泣かされる第二巻。
    天然というか純粋というか、主人公と店主のやりとりもかなり初々しくてニヤリとなります。
    続きを読む

    投稿日:2015.01.12

  • 前作よりパワーアップ!

    第1巻よりもパワーアップしてます。ミステリー色も濃くなってますし、栞子さんもさらに魅力的になったし、五浦くんにもさらにイラつくし・・・ 
    テンポの良さ、丁寧な本の説明は相変わらずなので、気持ちよく最後まで楽しめました。
    次巻も楽しみ♪
    続きを読む

    投稿日:2014.09.26

ブクログレビュー

"powered by"

  • saga-ref

    saga-ref

    小説第1巻の第2話から、第3話のさわりの部分というのがコミックスの限界かも。作画者の人物描き分けだが、年配者が妙に可愛らしくて上手くない。小説をおさらいする感じで読了。

    投稿日:2017.09.03

  • 夢色

    夢色

    このレビューはネタバレを含みます

    【あらすじ】
    鎌倉にひっそりたたずむ古書店「ビブリア古書堂」で働き始めた五浦大輔は、店の常連であるせどり屋・志田から、盗まれた古書の買い取りがあれば教えて欲しいという奇妙な依頼を受ける。その古書は「落穂拾ひ・聖アンデルセン」――。事の経緯を栞子に伝えると、彼女は自分達で志田の本を捜し出すと言い出し…。これは、栞子と奇妙な客人達が織り成す、“古書と秘密”の物語である――。

    【感想】

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.08.12

  • 麒麟童

    麒麟童

    登場人物の過去が描かれていて、今後の展開に含みを持たせているような内容。前巻同様、章ごとに話はある程度独立しているし、文体も平易なのでスラスラ読める。一方で、一冊を通じてストーリー性もあるので、その世界に引き込まれるので、一気に読めてしまいます。続きを読む

    投稿日:2013.06.24

  • aktio

    aktio

    やっと見慣れたのでOK。

    せどりの話が完。特にひねりもなく。

    コミュ障に可愛さを見出さないと。

    投稿日:2013.06.23

  • izzy

    izzy

    このレビューはネタバレを含みます

    鎌倉にひっそりたたずむ古書店
    「ビブリア古書堂」で働き始めた五浦大輔は、
    店の常連であるせどり屋・志田から、
    盗まれた古書の買い取りがあれば教えて欲しい
    という奇妙な依頼を受ける。
    その古書は「落穂拾い・聖アンデルセン」―。
    事の経緯を栞子に伝えると、彼女は
    自分達で志田の本を捜し出すと言い出し・・・。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.03.30

  • kitano

    kitano

    最近はやりの人の死なないミステリーです
    あんなに完成していた作品の続編・・・大丈夫?
    でも、しっかりとキャラ達立ちしているから次の
    世界も見てみたいのです

    投稿日:2013.03.26

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。