覇剣の皇姫アルティーナI

むらさきゆきや, himesuz / ファミ通文庫
(23件のレビュー)

総合評価:

平均 3.9
5
10
6
1
0
  • 好きが仕事に活かせるレジスは幸せ者かな!?

    読書狂の軍師レジスと力自慢の皇姫アルティーナのダブル主人公のお話です。

    時代設定は中世ヨーロッパに近く、城があって周りは森や草原が広がっている感じ。
    戦闘では騎馬や歩兵がメインになります。
    汽車など産業革命で生まれた機械などは一切出てこないので、戦闘機などは出てきません。出ても軍艦くらいかな。
    魔法や魔物といったファンタジー要素はなく限りなく現実に近い世界観です。

    レジスの考える戦略は全部本に書いてあることで自ら考える戦略は一切ないので、ご都合主義の要素が多いかも。
    ただ、ご都合主義を忘れてしまうほど話の設定が細部までしっかり考えられているので、読んでいて苦になりません。

    続きを読む

    投稿日:2016.09.12

  • 魔法も魔物もないファンタジー、でも面白い。

    この作品はファンタジーですが、魔法もなく、魔物も出てきません。架空の戦記物で、女の子が物理的に不可能な大剣を振るえるところが疑問点ですが、それでもとても面白い作品です。構成がしっかりしていて、文章が上手なので、最後まで飽きさせず読ませます。2巻に話しが続きますので、ぜひセットで読んでください。

    続きを読む

    投稿日:2014.04.13

  • 始まったばかり!

    主人公はアルティーナではなく本がすきなレジスです。内容的には軍師?のような策略ですがおもしろいです!1巻は序章的な内容なのでできれば2巻3巻まで続けて読まれたら良いと思います。

    投稿日:2014.04.09

  • 物語に引き込まれた

    軍師と皇姫の出会いから物語が進んでいくのですが
    特に萌え要素も無く、しっかりと物語が構成されてる感じ。
    この手の話には珍しく魔法自体が存在しない世界です。
    騎士同士や蛮族との戦いなど、戦術を駆使しながらの展開が熱いです。
    先が気になるのでお勧めします。
    続きを読む

    投稿日:2014.02.13

  • 軍師ものです。

    幕僚の中で唯一の生き残りとして責任を取らされ左遷された主人公。
    剣や弓、乗馬でさえも苦手で、物語を読むためならば自分の剣でも質草に入れるほどの本好きです。
    左遷された先で、頭は幼くとも剣腕は大人顔負けな皇姫と触れ合い、ただの文官のつもりだった主人公が、これまで読んできた物語をもとに軍師として戦功をあげていく物語です。
    正統派の軍師ものではありません。
    一風変わった軍師が活躍するお話です。
    そこがまた面白いんです。
    続きを読む

    投稿日:2013.11.23

  • 主人公は軍師?

    一読して面白かったなあと思ったのですが、読み返すと、かなり工夫した作品なんですね。
    まず、アルティーナは左遷された王女で民のために下克上を企てています。レジスは男の軍師です。そして、物語はレジスの視線で進行し、脳天気な王女様に振り回される軍師といった関係になります。

    普通は性別と配役を逆にすると思うんですね。でも、こうしたおかげでアルティーナとレジスのダブル主人公的に盛り上がってます。あ、もちろんアルティーナもちゃんと英雄的な行動してますよ。
    それから、魔法がほぼ登場しないので、純粋に剣と人間の物語になっています。魔法でイヤボーンすれば話を簡単に作れただろうに

    やるなあ、作者

    本巻では、アルティーナとレジスが知り合い、辺境の英雄ジェロームとぶつかるエピソードが描かれます
    続きを読む

    投稿日:2013.10.17

Loading...

ブクログレビュー

"powered by"

  • bukuroguidkodama

    bukuroguidkodama

    文章はライトノベルらしくよわよわとよりなくおぼつかないが
    すでに先行の作品が多くあるだけに一応体裁は保っている
    キャラクタに嫌味がないのは良い感触なので
    ファンタジー色も火器もなさそうな設定に
    どの程度独自性保てるか期待したい続きを読む

    投稿日:2018.11.12

  • juanakitsch

    juanakitsch

    戦記ファンタジーだけど、人物も策も物足りない。本好きという設定の主人公が突然滔々と語りだすシーンにも違和感。比べるものではないと思うけど、これを読むなら宮城谷昌光を読んだほうがずっと面白いと感じてしまう…。続きを読む

    投稿日:2014.05.19

  • 明太子

    明太子

    このレビューはネタバレを含みます

    評価:☆4

    覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー。

    最近人気の戦記モノですね。
    主人公が戦略担当ってところでどうしてもアルデラミン思い出しちゃうw
    ただちょっと濃厚さが足りないというか…主人公であるレジスもそこまで才能感じない。
    本人も自信ないって言ってるけど、そんな一目置かれるような"軍師"って感じじゃないのよね。頼りない。

    アルティーナも気概はあるけどまだまだ小娘といった感じ。
    ただアルティーナの場合はこれから成長していく(よね?w)と思うのでそこはOK.
    しかしバカでかい大剣振り回してるくせに体力ないってのはちょっと納得いかんw

    悪くないんだけどところどころ気になったかな。
    やっぱ一番はレジスの有能描写。これは次巻以降に期待したい。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.04.10

  • 悠樹

    悠樹

    このレビューはネタバレを含みます

    良い意味で改行が多くて読みやすかったです。話もぽんぽんとテンポよく進んでいき、勇ましいアルティーナと理屈っぽいレジスの関係がほほえましい。他のキャラたちも魅力的で、特に出番全然ないけどイェスタは師弟好きの私にはドツボでした!先が気になるので、続きも読んでみます~。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.03.16

  • 中山バスター

    中山バスター

    武芸が苦手な軍人レジスが左遷させられた辺境の地で皇姫アルティーナと出会い困難へ立ち向かっていくファンタジーラノベ。

    キャラと世界観はいいですね!
    本職が苦手な男とそれに気に入られる女の組み合わせは結構多いので少しバランスが悪いと面白くなくなりますが、このラノベはそのあたりはいいですね。
    全体の評価としてはまだ物語の序章といったところなんでどうともいえないけど、これから広がっていきそうな感じはありますね。
    あとは変に恋愛方向に走らないようにお願いしたい。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.26

  • rerer

    rerer

    なかなかに良いファンタジー。
    異能バトルとか、ど派手な演出はないですが、主人公とヒロインの二人を中心に進めるので、難しい設定や世界観が出ることもなく、さらさらと読めて楽しかったです。

    投稿日:2014.01.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。