ピットフォール

堂場瞬一 / 講談社文庫
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
4
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • mame-shiba

    mame-shiba

    1959年のニューヨークが舞台でハードボイルド風になっている。現代の日本という設定では無理なのかな。

    投稿日:2021.10.08

  • マサ爺

    マサ爺

    久々にアタリや。
    堂場瞬一君、やったね。
    なんと心地良い読み応え。交わされる会話も、ハードボイルドの極地やんか。かと言って、大沢君みたいに端折りすぎて何言ってるのかよう分からん事もなく、読者も一緒について行けるレベルや。
    このシリーズの続編早よ出してや
    続きを読む

    投稿日:2021.07.29

  • hisae

    hisae

    ニューヨークで私立私立探営む所へ家族から依頼があり追跡を始める。田舎から女優になるため出てきた女の子が殺害された その仲間ウィリーも殺されジョー1人で捜査をする 女の子は仲間のウィリーが殺し(頭痛持ちでストレスを解消するため)それを見た歌手がウィリーを殺す。このニューヨークは人を有名にも金持ちにもするが同時に精神ダメージを与えることも珍しくない。子供の頃からこの街で育って来た人は免疫があるが田舎から出てきた人間はニューヨークに慣れるまで時間と覚悟が必要この都市に慣れない内 消えて行く人間が多い。ピットフォール(穴に落ちる)続きを読む

    投稿日:2021.07.18

  • nssulib

    nssulib

    https://library.nittai.ac.jp/carinopaclink.htm?OAL=SB00536575

    投稿日:2021.06.30

  • 亜樹

    亜樹

    これぞハードボイルド小説。という感じの重厚な作品。結末も、そう来るか!と驚きながらも作品に厚みを持たせるものである。
    所々の話に出てくる有名人の説明文も、読者に分かりやすく、その時代に思いを馳せされる。骨太な作品を読みたければぜひ。続きを読む

    投稿日:2021.06.23

  • take9296

    take9296

    舞台が1959年のニューヨークで、登場人物がアメリカ人。あとはいつもの堂場ワールドであった。注釈が文中にあるのは読みづらい。

    投稿日:2021.06.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。