付喪神が言うことには ~文京本郷・つくも質店のつれづれ帖~(一二三文庫)

三沢ケイ, ふすい / 一二三文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
1
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ゆふぃ

    ゆふぃ

    梨花と真斗の距離感がなんか好き。付喪神とか実際にいて見えたら素敵だなぁと思うけど、まずは物を大事にするところからよね。

    投稿日:2021.05.21

  • いこ

    いこ

    このレビューはネタバレを含みます

    登場する付喪神が動物型が多くて、文章ながらも目の保養だった。
    しかも総じて持ち主思いのいい子たち。
    可愛い。
    特にフィリップはずるい。
    喋れるのも十分おいしいけれど、彼の本体に関わるエピソードが素敵だった。
    ヒーローを食う勢いだった気がする。

    贈り主から込められた想いを知ることができたり、大切にしてきた物が次の人へと受け継がれていく場面に居合わせることができたり、質店ならではの場面が印象的だった。
    物を大事にすることの大切さが身に染みて分かると言うか。

    最初はバカ男に貢いだことから(諸々あって)始めたバイトだったけれど、創作意欲も取り戻せたし、物と人との絆を知られる場面に多数居合わせることができて、主人公の彼女も成長できたはず。
    何だかんだで店長の息子さんも面倒見いいしなあ。
    これからも素敵な物語を紡いでいってほしいし、出会って欲しいものです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.02.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。