星に帰れよ

新胡桃 / 河出書房新社
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
4
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • abenatsumi

    abenatsumi

    比喩が独特で少し長いけど、的確。
    その比喩を頭で想像しながら読み、句点までたどり着いた時に「あ〜、上手い」って毎度思った。
    作者が高校生と知って驚き。

    お笑いキャラなのに、薄くて鋭くて冷たいものを内に秘めているという、二面性のあるモルヒネについての記述がもっと欲しいと思った。もっと知りたいと思った。それほどこのキャラに引き込まれた。続きを読む

    投稿日:2022.01.09

  • Akibi Library

    Akibi Library

    2021夏の文芸書フェア

    所蔵状況の確認はこちらから↓
    https://libopac.akibi.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2001012648続きを読む

    投稿日:2021.06.15

  • まき

    まき

    このレビューはネタバレを含みます

    16歳の誕生日、深夜の公園で真柴翔は"モルヒネ"というあだ名のクラスの女子に会い――。
    高校生達の傲慢で高潔な言葉が彼らの生きる速度で飛び交い、突き刺さる。
    (アマゾンより引用)

    うーん?
    だから何?みたいな感じの話だった

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.04.24

  • lily

    lily

    高校生が書いたことに驚き。
    自分を斜めに切り取るような、
    で、実はちょっと自自己肯定感低め。
    おもしろかった。

    投稿日:2021.02.16

  • Chiehima

    Chiehima

    これを高校生が書いたのか、と思うと驚き。
    矜持 というか、自分の支柱が このころはまだしっかりしていなくて、何かの弾みに折れちゃったりもする。それでも、大丈夫 大丈夫 と自分をなだめながら、なんとかやっていくのだろう。
    今の子供たちって すごくスマートに見えるから、こういった困難も華麗にスルーしていくのかと思っていたけど、内側は葛藤だらけなのかもしれないな。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.16

  • yoc8

    yoc8

    本書はそれほど深い話ではないですし3時間程度で読める中編小説です。
    しかししかし未来を感じるすごい作家さんです。
    朝日新聞に寄稿していたのですが高校生らしい告白とともにおじさんを納得させる文章力があります。
    これからの成長が楽しみというか皆さんで彼女の成長を見守っていきましょう。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.12

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。