明日から「仕事ができる」と言われる新・目標達成法

小宮一慶 / 講談社
(33件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
3
8
14
1
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • 二度寝天国

    二度寝天国

    【1章.目標具体化力】
    ・目標はすべて”メジャラブル”(=測定可能)なものでなくてはならない
     ⇒とにかくがんばるではがんばり方さえはっきりしない。
    ・”方針”と”目標”の違い
     ”方針”=おおざっぱなベクトル(例:英語の取得、仕事の知識を高める、など)
     ”目標”=メジャラブルなもの(例:英語の基本構文50の暗記をいつまでに、など)
    ・3年分の預金残高の予想を立てる。
     ①毎月の自分の収支予想と支出予想を1年分作ってみる。
     ②預金残高を計算する
     ③毎月予想した残高とのずれをチェックする
    ・経済的な余裕がなくなると精神的な余裕もなくなる。
    ・収入を増やしたいなら、転職する前にスキルをあげる努力をすること。転職してもスキルが高くなければ給料はそれほど換わらない。
    ⇒努力せずに人よりよい暮らしをしようとは思わないこと。
    ・ネガティブな感情を持つのは人間なので仕方ない。大切なのは、怒っている時間や不安な時間をいかに短くするか。
    これは訓練できる。ネガティブな感情を持つ時間を少なくすれば、その分ポジティブなことを考えている時間が増える。
    ・本当にポジティブな人は、人のいい面を見ることができるため、他人を心からほめることができる。
    ネガティブな人は、人の悪い面しか見えないので人をけなす傾向がある。特にやたらと威勢のいい人には注意。

    【2章.時間管理術】
    ・3年日記をつける
    ⇒メリット:今日やる癖をつける、一人で反省する時間を作る、
    ・自分の時間で自分の専門を育てる。専門分野はいくつかないとこれからは通用しない。
    ・多くの現場の人は慣れで仕事をしている。理論があれば深い部分まで仕事ができることがあるし、面白みも出てくる。
    ・休日は決まったリズムで過ごす。
    ・必要なのはがんばりではなく、アウトプット。

    【その他】
    ・仕事に関係のない業界の情報もたまに触れてみる、ニューズウィーク日本語版。
    ・プレゼンのコツは”バリュー”と”インパクト”
    ⇒相手にとって価値のあること(バリュー)をインパクトをもって相手に伝える
    ・人は感情で動く。理屈では動かない。
    ・人の中心は考え方。
    ・人生で一番大切なことは”自己実現”=”なれる最高の自分になること”
    続きを読む

    投稿日:2019.01.19

  • ichiro.mariners

    ichiro.mariners

    ビジネス・スキルのベスト・プラクティス集。全部はやる気しないが、実践する気になるものも多い。最近、自分の成長に確信の持てない人にお勧めしたい。

    投稿日:2018.10.23

  • largeaslife

    largeaslife

    第1章 目標具体化力がつく小さな行動習慣

    ◆月間目標を立てる
    ◆長期的にやるべきことの範囲を知る
    ◆「to do」リストの中身を会社に着く前に考える
    ◆書くことをあらかた決めてから書き始める
    ◆緊急度と重要度のマトリクスを作る
    ◆高層マンションを見たら階数を数える
    ◆月末には預金残高を確認する
    ◆3年先までの預金残高の予想を立てる
    ◆1年間左手首に輪ゴムをはめる
    ◆積極思考になる訓練をする・ほか

    第2章 時間管理力がつく小さな行動習慣

    ◆3年連用日記をつける
    ◆体重を記録する
    ◆休日は1時間だけ将来のために使う
    ◆今の仕事関係の資格を取る
    ◆実務のバックグラウンドにある理論を勉強する
    ◆ウィークデーに少しだけ「つなぎ」を入れておく
    ◆調子の良い時間帯や状況を知る
    ◆一次会には行くが、二次会には行かない
    ◆仕事を残ってやらずに持って帰る
    ◆ネットで検索した電車より1本早い電車に乗る・ほか

    第3章 仕事力がアップする小さな行動習慣

    ◆必要なメールはその場で返信をする
    ◆小さな約束ほど、きちんと書き留めておく
    ◆新聞を1面から読む
    ◆7時前後か9時半頃の電車に乗る
    ◆仕事に関係ない雑誌をつねに鞄に入れておく
    ◆テレビのチャンネルを変えるときは飛ばさずに
    ◆英語の勉強は1日5分、歩きながら
    ◆飛行機に乗ったら落語を聞く
    ◆パワーポイントは映像、図表だけ使う
    ◆机の上をきれいにしすぎない・ほか

    第4章 人を動かす力がつく小さな行動習慣

    ◆タクシーのお釣りの小銭は受け取らない
    ◆他人のことを自分のことのように考える
    ◆ニコニコしているといいことがある
    ◆辞めた会社の悪口を言わない
    ◆配偶者や恋人の髪形の変化に気づく
    ◆座右の書を持ち、寝る前に少しずつ読む
    ◆松下幸之助の『道をひらく』を読む
    ◆「自尊心」と「自負心」を持つ
    ◆自分でコントロールできないことに悩まない
    ◆ときには自分を甘やかす・ほか
    続きを読む

    投稿日:2018.10.12

  • しげ

    しげ

    ・「正しい考え方」という土台を持ち、その土台の上に、メジャラブルに目標を立て、具体的に行動するなど「正しい努力」をコツコツと積み重ねられるかどうかが、成功と失敗を分ける大きな違い。
    ・成功と失敗は紙一重の積み重ねの差:小さな正しい努力の積み重ねが、将来の大きな目標達成を決めていく。
    ・月間目標を立てる:長期的にやるべきことの範囲を知り、それを「月」という小分けした単位に入れる
    ・休日を決まったリズムで過ごす
    ・疲れる前に休む
    続きを読む

    投稿日:2018.10.07

  • kohtaroh

    kohtaroh

    明日から仕事ができる
    人間の中心は、考え方。170
    大切な事は、自分でその時間をコントロールしている という実感を持つこと。84

    投稿日:2013.07.20

  • kiyoharu-gt

    kiyoharu-gt

    ☆$$つまらない。一応最後まで目を通したが、$$全部良くある内容の割には、具体的で無かったし、$$へんな内容だった(全部手書きを自慢したりとか)。$$そもそも著書数を自慢する時点で、つまらないと実感した。続きを読む

    投稿日:2012.09.23

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。