半沢直樹 アルルカンと道化師

池井戸潤 / 講談社
(256件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
107
105
33
2
1
  • さくっと読めて気分爽快

    第1作の前日譚ということで、シリーズ愛読者の皆様には懐かしい面々が勢揃い。ここから読み始めても全然okなところはさすが池井戸先生作品。ハラハラドキドキイライラしても、きっと良くなると信じて読めるのがこのシリーズの美点。読後ストレスが少なくてグーですね。続きを読む

    投稿日:2020.09.18

  • 半沢直樹シリーズ最新作

    ドラマでの興奮冷めやらぬ中での半沢直樹シリーズの最新作。
    シリーズ1作目の前日譚となる作品。
    銀行での理不尽あるあるはもちろんのこと、企業買収、画家志望の若者の友情と秘密が絡むストーリー、そしてシリーズ1作目の登場人物が登場することで物語に惹き込まれていた。
    以前の作品にも感じたことだけど、半沢直樹はドラマより、クールでふてぶてしい印象。
    池井戸作品に外れなし。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.12

  • 石を投げれば人でなしに当たる世界

    夢中になって一気読み。
    あまり記憶に残らないシリーズなんだけど、一番面白かったかな。

    それにしてもここまで多くの読者から支持されている理由は何だろう?
    組織の不正が正されるという勧善懲悪もあるだろうけど、主人公が組織の序列を飛び越えて論破していく様に爽快感を覚えるのかもしれない。
    渡真利の「誰も言えないことをお前が言い、誰も出来ないことをお前がやってくれる。それに俺たちがどれだけ励まされているか」という告白が象徴しているように、日々感じている理不尽さや声に出せない心の叫びみたいな時代の閉塞感を反映しているのかも。

    組織の希望なんだと励まされた半沢は、「試されているのは俺じゃない、組織そのものだ」と、涼しい顔で絶体絶命の窮地に飛び込み、本人からすれば当たり前なことを成した後は、淡々と戻ってきて平然としている。
    こういう姿も、ファンには堪らないのかも。

    小説としては、冒頭の朝礼から伏線が張られ無駄がないし、時折挟まる経営者による社の来歴語りも巧い。中盤の宝探しにもワクワクさせられたが、往復書簡など道具立ては揃いすぎていて、真相もわかりやすい構図に収斂していくため、リアリティに乏しく深く心に残る余韻は生まれなかった。

    余計なお世話だけど、今回のドラマ化は難しそうだ。
    西洋絵画において「アルルカンとピエロ」という主題は、ピカソやセザンヌも描いたありふれたもの。
    仁科譲という夭折した天才画家は、誰が見ても、ひと目で"ああ彼の作品だ"とわかる、独特なタッチと、強烈なオリジナリティがあったという原作の記述を、どう映像化するんだろう。
    当然、模倣もできないだろうし、果たしてお茶の間も納得させられる小道具が用意できるんだろうか?

    読み終わってから気づいたが、最初なんで主人公が大阪にいるのかわからなかった。
    あとで、シリーズ1作目の前日譚だとわかったが、「いまは、21世紀になって間もない頃」とあるので、20年前の話か。
    銀行はM&Aキャンペーンの真っ最中で、取引のある会社経営者は「定期預金やクレジットカードを作るなど、散々つきあわされたけど、今度は何? 銀行のために会社を売れって?」と鼻白んでいる。
    まさしく「石を投げれば人でなしに当たる」銀行ならでは。
    今ならさしずめ、銀行そのものが整理統合され、「今度は何? 僕の転職先を世話してって? いいかげんにしてよ」だろうな。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.20

ブクログレビュー

"powered by"

  • こたつ

    こたつ

    流石に安定しておもろいな!
    よくこんな各所の思惑を綺麗にまとめられるもんや。
    まあ、しかし、完全に男だらけの良識派サラリーマン金太郎やな笑
    でも、読んでて絵が欲しくなる話やったな

    投稿日:2022.01.15

  • まさひろ

    まさひろ

    相変わらずの勧善懲悪ストーリーで、安定したエンターテインメント小説でした。気分転換にはうってつけの本だと思います。

    投稿日:2022.01.13

  • のりのり

    のりのり

    時は遡ったけど、話はかなりミステリアスになって、テレビのイメージとはかけ離れていました。ヒューマン性も強くなって、失礼ながら作者の深化を強く感じました。もっと読みたいです。

    投稿日:2022.01.07

  • terushima

    terushima

    銀行員が金融財務の観点で美術ミステリーを解き明かしていく、珍しい構図ながら安定の半沢節は炸裂します。

    投稿日:2021.12.26

  • Mossan

    Mossan

    このレビューはネタバレを含みます

    【内容】
    東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとに、とある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版舎・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは―。


    【感想】
    時系列が分からないので、全部読み返したい...
    常に取引先のことを考え、公平であること、
    それを会社で実現するのは難しいけれども、
    人として筋が通っていることが大切なのかもしれない。

    上司と真っ向と戦う姿に、本当にハラハラさせられたが、
    その逆転劇が面白かった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.12.22

  • kenjibook

    kenjibook

    前作の大規模案件とは違い、このくらいのスケールの方が好きだなぁ(о´∀`о)
    半沢直樹は人情に訴える物がある‼️
    最後のどんでん返しは圧巻(笑)天晴れ‼️

    投稿日:2021.12.14

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。