金メダリストの条件

桜井章一 / 竹書房
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 0.0
0
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • tamaqui2017

    tamaqui2017

    何もしていないように見えるのが体捌き。動きとは違う。
    体捌きが再現できないのは頭で捉えているから。
    大きな力をだしたいなら、一口の感覚を取り入れる。
    牌は触れる感覚でツモる。
    ボルトのように余力をのこして走ると後半の加速をうむ。
    投げようと思った時には意識を足のつま先などに持っていく。
    作業と別の場所に意識をもっていくことで変化が生まれる
    普段の生活のなかで視覚にたよらず、五感で見る。
    常識外の動きでもその人に合っていれば問題なし。
    間合いは自分以外のひととのこと。
    魔を合わせることで間に合う。「間が合わない」は「間違い」。
    数字というものがなければ、人間はもっと人間らしい。
    負けの99%は自滅。
    10回やってもそれが1回め。100回やってもそれが1回めと思うこと。
    苦手なやり方もやってみる。やり方に固執しない。
    不安はそれにしがみつくと大きくなる。
    普段から間に合っていない人に運はまわならい。
    準備・実行・後始末
    勝負と日常を隔てない。
    違和感こそ直感への入り口。
    自分を伸ばすための方法を考え、杓子定規の練習でなく、自分なりの工夫をする。それがただしい努力。
    本当の根性は損も得も関係ないリスクあるものを追う時に育まれる。
    信頼は損得、欲、善悪、常識といったものがないところのもの。
    集中というものは視野を大きく持って、のびのびしている状態。
    続きを読む

    投稿日:2020.10.22

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。